【納品前ですが!?】注文書(発注書)でOK!ファクタリング会社2選

見積書・注文書・発注書でファクタリング

 

#17【ファクタリングおすすめ選】

 

売掛金を早期現金化する画期的な資金調達方法であるファクタリングの競争は年々激しさを増しています。

 

利用側も多業界にわたり増え続けており、比例してファクタリングサービス会社も増加中。

「手数料の安さ」「速さ勝負」も頭打ちなのが現実...

 

そんな中で業界トップクラスの歴史ある老舗2社が新リリースしたのが「注文書(発注書)ファクタリング」です。

 

従来であれば納品後、発行済請求書を買い取ってもらうのがファクタリングでしたが、このサービスは「まだ納品も請求書発行もしてない、受注の段階で資金化が可能」となったサービスであります。

 

今回は、ファクタリング業界をリードする2社の新サービスを紹介します。


◆目次 : 注文書(受注書)でOK!ファクタリング会社2選

 

 

3、その他、特徴のあるファクタリング会社厳選おすすめ


【1、株式会社トップ・マネジメント 

㈱トップ・マネジメント  見積書/注文書/発注書ファクタリング

【見積書/注文書(発注書)OK・老舗・全国・対面・出張・個人・2.5社間】

 

創業は2009年とファクタリング業界ではかなりの老舗と言えるでしょう。

業績も申し分なく、これまでに45,000件以上の取引き数と、買取額100億を突破しています。

 

大野社長いわく「2社間ファクタリングは我社が初めてだろう」と言うほど業界をリードしてきた老舗。

 

今回の紹介する「見積書・受注書・発注書ファクタリング」の他にも、2021年新リリースの「2.5社間ファクタリング」は今後のファクタリング業界の常識と変わっていくことでしょう。

 

 気の早い方はホームページを確認してみる↓↓

 

今回特集する「見積書・受注書・発注書ファクタリング」「請求書発行前、納品途中、又は納品前」でも買取の対象になります。

 

「なにか特別な条件でもあるの?」とも思いますが、条件としては「月商で500万円以上、設立6ヶ月以上」であれば申込み可能な審査対象で、ファクタリングは通常と変わらず2社間、3社間、又は2.5社間(下で解説あり) となります。

 

 

通常のファクタリングと変わりませんが、大きくちがうのが受注段階での利用が可能というとこであり「案件(受注した仕事)を始動前に着手金を調達できる」という、うれしいかぎりであります。

 

特に製造業であれば材料費や設備金、建設業であれば下請けへの前払いや人件費、など大口のオファーを取りこぼさずに受注することができます。

 

これまでのファクタリングと「見積書・受注書・発注書ファクタリング」の違いは下のとおりです。

 

【これまでの通常のファクタリング】↓

 

【見積書・受注書・発注書ファクタリング】↓


 

製造業や建設業は支払いサイトが長く、納品完了期間も長期になる場合が普通にあるので、この段階での「みなし売掛金」の買取はほんとうに助かります。

 

【申込みの流れは下記のようになります】↓↓

 

【1】見積書・受注書・発注書の発行

 

【2】いずれか1点の提出 ※追加書類の必要な場合あり

 

【3】契約・指定口座へ入金

 

【4】案件の着手・完了

 

【5】請求書の発行(売掛金の発生)

 

【6】売掛金の入金日に精算

 

 

 

早速、トップ・マネジメントに相談してみる↓↓

 

ここからは「見積書・受注書・発注書ファクタリング」と合わせて、2021年新リリース「2.5社間ファクタリング・電ふぁく」を紹介!

 

「なに?2.5社間って!?」と思われますよね、、これがすごく画期的な方法なのであります!簡単に解説しますと↓↓

 

【1】通常の2社間取引きと変わらず、請求先には知られることがない

 

【2】トップ・マネジメントが提携するファクタリング専用口座管理会社 (Tranzax株式会社) の専用銀行口座を開設する

 

【3】ファクタリング利用をした請求先へこれまでの振込銀行口座を新しく変更をしたことを通知する

 

【4】この口座からトップ・マネジメントへ直接、入金がされるので「回収事故」のリスクが激減するため、手数料を安くできる

 

【5】2.5社とは = ①自社 ②㈱トップ・マネジメント ③専用口座管理会社

 

↓こちらの記事で詳しく紹介しております↓

 

上記【2】の気になる「ファクタリング専用口座管理会社」について説明します。

 

「Tranzax株式会社」は国の指定の電子債権記録機関の子会社を持ち、官公庁の補助金交付制度にも採用されている優良な IT企業です↓↓

 

 

口座は一度開設すれば、2回目以降の取引は簡単なのでおすすめです。

さらにうれしいのは、利用回数に応じて与信スコアが良くなり、手数料が下がっていくのです。

 

利用すればするほど下がるので「新たなファクタリング業者を探したり相見積りが必要なくなる」ので、時間も労力もかかりません。

 

 

さらに業界をリードする老舗は「お客様の安心と安全」のために2019年6月に「ISO27001認定・情報保護強化体制」を認証取得しています 

 

上記は本サイトのページ内にある「登録証」のPDFのコピーの一部です。

 

この認証取得をするには従業員全員の ‟教育・意識改革“ はもちろんのこと‟内部監査、一次・二次審査“と道のりはかなり厳しいです。

認証までには長い時間と高額な費用もかかりますがファクタリング業を営む上で、お客から預かる情報の安全性の責任ためであります。

 

ファクタリング業界屈指の老舗でもある「信頼の証」であります。

 

 

【 ㈱トップ・マネジメント の特徴まとめ 】

 

「見積書・受注書・発注書ファクタリング」を業界で先駆けスタート

 

・本サイトでは社長、社員が顔を見せているので、信頼があり透明性が高く感じる

 

・「2.5社間ファクタリング」はお互いのメリットため考えられた画期的な方法

 

・情報提供に絶対の安心「ISO27001認定・情報保護強化体制」を取得している

 

・会社全体的が、誠実さを感じる業界を代表する実績ある老舗

 

 

注文書・見積書でOK!」相談してみる↓↓


 

本社:東京都千代田区鍛冶町1-4-3 竹内ビル2F JR神田駅南口から徒歩約1分

 

※ホームページ画像を一部使用しております。 


【1、株式会社ビートレーディング 

【注文書OK・対面・出張・郵送・仙台/大阪/福岡支店・個人OK】

 

続いて紹介するのはこちらもファクタリング業界をリードする老舗で創業は2012年4月、これまでの取引件数は26,000件、690億円を超えて全国の中小企業の社長さんを支えております。

 

拠点は東京の他に、仙台・大阪・福岡に支店があり地域での出張対応のスピードは抜群!

また、業界初の専任女性オペレーターをいち早く導入しており、問い合せ、その他なんでもオペレーターさんたちがやさしく対応してくれるのがうれしい。

 

紹介の「注文書ファクタリング」は株式会社ビートレーディングが2020年11月にリリースしており業界トップクラスの早さであります。

 

【 早速、ホームページで確認してみる】↓↓

 

株式会社ビートレーディングの「注文書ファクタリング」の概要は、上記で紹介した他社さんの内容とほぼ変わりはありません。

 

大きくちがうのは、この会社の特徴でもある提出書類の少なさであります。

基本的には「通帳、売却する請求書(又は受注が確認できる注文書)、専用申込書」の3点のみです↓↓

 

※もちろん状況に応じて他にも必要な場合もあり。

 

もう一つの特徴として、取引終了後でも担当した営業さんがアフターフォローをしてくれます。

次の資金繰りの時期や他の資金調達方法までなんでもOKです!

 

 

【 ㈱ビートレーディングの特徴まとめ 】

 

・「注文書ファクタリング」をいち早くリリースしている、実績がある

 

・業界トップクラスの実績がある老舗

 

・HPで社長や社員、オペレーターさんたちの顔を公開しているので透明感あり信頼性が高い

 

・わざわざ東京まで行かなくても大丈夫、各支店が地域を選任担当している

 

・個人事業主や少額でも安心して相談できる

 

 

早速「株式会社ビートレーディング」に相談してみる↓↓

 

【東京本社】東京都港区芝大門1-2-18 野依ビル3階

 

※ホームページ画像を一部使用しております。 




【2、その他、特徴のあるファクタリング会社厳選おすすめ 

 

ここからは「一括見積り代行」「ネット/スマホ完結」「九州/四国/東北地方でおすすめ」などを紹介します。

 

私(サイトオーナー) なりに調べた内容は実績、手数料、ホームページデザインや取材時に丁寧だったかなどです。

失敗しない優良会社を紹介します。

 

※おすすめの会社は、皆さまの評価によって、入れ替えをしております。

※基本的には必ず数社から見積もりを取ることをおすすめします。

 

↓↓↓↓↓↓


【ファクタリング一括見積り代行・事業資金のミカタ 

 

もう迷いたくない探したくない...ファクタリング利用では最低でも2~3社には相見積り査定をしたいところですが時間もないし営業もしつこいし...

 

それを代行してくれるサイト「事業資金のミカタ」が登場!

提携しているファクタリング業者は「厳選された優良企業」ばかりで、契約ルールにそったコンタクト方法をしてくれるので、しつこい営業も基本なし!

 

「安心でゆっくり選べる、時間と労力の激減で納得!」

 



【 ネット/スマホで完結!非対面式・PAY TODAY 】

 

すべての手続きがネットで完結できる。

わずらわしい、先方とのやり取りがないのが特徴で選ばれている。

AIにより独自のクレジットモデルによるスピード審査で、最短振り込み1時間半の実績あり!!

 

手数料は上限率を~9.5%(最低は2%)に設定しているため、業界平均の10~14%を大きく下回る!また、売掛サイト90日の債券にも対応している。

少額10万円から、日本全国ほぼ全業種の法人、個人業者に対応している!

 

「完全無料見積り」は是非おすすめです。

 



【わざわざ来てくれる/出張対応なら 株式会社 NO.1 】

 

「東京まで行けない、現場を離れられない」という社長(経営者)のために、出張訪問をしてくれるファクタリング会社を紹介。

 

東京・名古屋・福岡に拠点があるので近郊の経営者にはさらにうれしいスピード対応が可能、もちろん日本全国にも対応してます。

 

問い合わせたけど ‟対応が悪くてがっかり” なんてことがよくありますが、そこは安心、経営支援アドバイスもおまかせです。

 



【九州・四国・山陽山陰地域の方はこちら

【株式会社トラストゲートウェイ】

 

福岡に本社があり、大阪にも支店があります。

九州、四国、山陰、山陽地区の方には必見です。

 

「九州でファクタリングならトラストゲートウェイ」と呼ばれるまでに成長!

全国展開する大手にも引けを取らない業界最高水準のサービスを提供している。

強みは「経営アドバイス力」でキャッシュフローの改善から、経営を立て直すプランを一緒に考えてくれる。

 



 ◇ファクタリングのメリットは?◇

1、一時的な資金不足に直面した時に、金融機関から融資(固定負債を増さない)を受けづに乗り越えることができる。

 

2、金融機関からだと融資に時間が掛かるが、申込みがWEBなど簡単で、最短で即日の資金調達が可能である。

 

3、取引先からの急な発注や新規取引に対して資材や商品の仕入れ、人件費などの調達ができるので受注が可能になる。

 

◇デメリットは?

1、一時的な資金不足は乗り越えられるが、次の売上げ入金までの時間の幅が広がり、同じことが起きる可能性がある。

 

2、大手金融機関の利息と比較すると手数料はかなり高め。

 

3、一度使うと中毒性があるため、経営困難に直する可能性がある。

 

◇保証人はいらないの

ファクタリングは金銭の貸付ではない為、金利という概念がなく手数料となります。

そのため保証人や担保は法的には不要」です。

 

※この数年でファクタリングの利用者と事業者が急増しており、経済産業省中小企業庁もこれの普及を進めております。