【ざんねんな50代】あなたは大丈夫 !?今すぐチェック【転職にも役立つ】

「ざんねんな50代」ブログ

 

#39【失業・就活転職体験記】

 

「ざんねんな50代」、年代をあえて‟50代”としたのは、全ての年代の中で一番に「優しい紳士」でいなくてはいけないと考えているからです。

 

30代、40代の人たちからは「経験豊富な素敵な先輩」であり、60代以上からは「任せて安心、頼れる若者」であるべきだからです。

「50代男性」は、全ての年代の人たちを「後ろから見守っている」という意識を持つべきだと考えております。

 

タイトルの「ざんねん」とは、私と同じ50代男性で「ちょっとはずかしくない?」と思う人たちが多くいるからです。

今でも通勤中や街でも「新しい新種のざんねんな中年男性」を発見します。

 

この記事では、そんな「ざんねんな50代」の男性をシリーズで紹介「その1」です。

 

私の執筆活動のテーマは「ミドル・シニア世代の就活/転職支援」ですが、この記事の「ざんねん」なことに少しでも心当たりがあったら、すぐさま直して「50代男の魅力」を引き出して、自信をつければ「顔つき」「姿勢、態度」も変わり、再就職・転職にも有利になるかと思っております。

 

又、もちろん周りの人たちとの関係も改善していくことでしょう。

 

この記事では ‟50代” と限定しておりますが、他の世代の方にも言えることなので、是非参考にしてみてください! 


【 目次:ざんねんな50代・その1 

 

1、ざんねん1・どうしてレディファーストじゃないの

 

2、ざんねん2・不機嫌そうにしてて何かいいことあるの?

 

3、ざんねん3・自分の話や自慢話は誰も聞いてないよ

 

4、40~50代でも歓迎の転職サイトありますよ!


東京以外にお住いの方も登録・利用が可能。

40後半50代の多くが新しい人生を手にしてます!

私はこのサイトで1度目の転職に成功しました!

リクルートグループの「はたらいく」↓



「ざんねんないきもの辞典」のシリーズが大ヒットをしているのはご存ですよね!

タイトルでは「ざんねん」となっておりますが、実は内容はそうではなく「人の体とのちがい」「私たちが勝手に思い込んでいること」などを「おもしろおかしく」表現しているだけなのです。

 

例えば『スズムシの耳は足にある』では、人間の常識から大きくちがうだけで、スズムシ界ではふつうのことであり、決して「ざんねん」なわけではないのです。

 

この記事の「ざんねんな50代」でも決して「やっつける」というわけではなく、その目的は「そのままではちょっとはずかしい」ということに気づいてもらい「変わってもらえれば幸い」であるということです。 

 

それではいきますよ「ざんねんな50代」まず最初は↓↓

 

 

【1「ざんねん1」どうしてレディーファーストじゃないの? 】

 

ここでの「レディ」とは「女性」と、限定しているわけではなく「こどもから年配者、同世代まで」と、いわゆる自分以外の全ての人たちのことであります。

 

通勤電車で ‟われ先に乗って空いてる席に座ろうとする中年男性“ を見かけることがありますが、同世代として恥ずかしいです。

車の運転では、絶対に前に入れないとか歩行者にゆずらないなど、まず自分が先と考えている人などなど。

 

コロナ過で混乱する中、高齢者より先にワクチンを接種をする役人なども、本当にざんねんです。

 

先日、映画「タイタニック」の再放送を観ていたら、数少ない救命ボートに乗り込むシーンで ‟女、こども“ を先に乗船させていたところに、お金を使って乗ろうとする男性に、なんとも ‟かっこ悪い“ と思いました。

 

タイタニックのこの場面では、命がかかっているので「絶対にはずかしい行為だ」とは言い切れませんが、私たちの普段の生活で、命がかかっていることなどないので「どうぞ」と、おだやかに前をゆずる、手を差し伸べる、力を貸してあげようではありませんか。

 

女性や自分より弱い立場の人を優先し大切にしようと継続できる精神は「あなた自身の品性の向上」につながり「自信」にもなりうるのです。

 

「かっこいい大人の紳士」をめざそうでわありませんか。


数ある介護職専門サイトから厳選しました。

無資格から働きながら資格が取れる!↓↓

九州(福岡)四国でセカンドチャンスをつかめ!

40~60代のミドルからシニアまで応援↓



【2「ざんねん2」不機嫌そうにしてて、何かいいことでもあるの? 】

 

テレビでもおなじみの明治大学教授の斉藤孝先生の著書に『不機嫌は罪である』という本があります。

この本の中で ‟不機嫌でいる” ということを、このように書いています↓↓

 

※「自分の不快な気分を表情や態度に表しているさま。メリットはなにもない」

 

また「不機嫌な状態は世間にとっても自分にとっても、もはや罪なのである」とも言い切っております。

 

実はあなたも、自分の周りにいる「不機嫌な人」に困っているのではありませんか?

それと同じように、あなたの周りにいる人たちも、あなたの「不機嫌」に困っているのではにでしょうか。

 

その逆に、ふだんから「笑顔で上機嫌」を心掛けていることは、周りの人たちを安心させることができます。

 

フランスの哲学者アランの『幸福論』に書かれている一行では↓↓

 

※「上機嫌でいることを心がけようと努めることは、周りの人への配慮であり最低限の心づかいである」

 

 

『第一印象の心理学』に書かれてる一行ではこうです↓↓

 

※「笑顔を出す人は、‟にこり”ともしない人より魅力的と思われ、その上、信用度も高い」

 

 

「笑顔でいる、おだやかな上機嫌でいる」こうしていることは、周りの人たちに対する「社会貢献」でもあるのです

心掛け一つで簡単に変れますので、今日から始めてみましょう!


【3「ざんねん3」自分の話や自慢ばなしは、誰も聞いてないよ。】

 

会話でもっともつまらないのが「じまん話」を聞くことであります。

 

数年前に中学時代の仲のいい友人が数人集まるという飲み会に誘われたの行ってきました。

 

みんなんが、昔の思い出を好き勝手におもしろおかしく話をしていました。

すると大手建設会社に勤めている友人が、都内の誰もが知る有名なビルの建設でリーダーをしていたという。

その事業規模や大きな金額について得意になって話しているのを、みんながあいづちを打ちながらつまんなそうに聞いている。

 

この時、私が思ったことは「そのつまらないじまん話が早く終わってほしい」ということよりも「50にもなって自分のことべらべらと、周りへの気づかいや配慮がない」ということでした。

 

もし、自分のことを話すのであれば、「失敗談」「へました話」にかぎります。

この同窓会でも、「離婚のいきさつや心境」「お見合いで、向こうから速攻断ってきた」とか「出勤したら会社が倒産してた」など、ドジやしくじり、ツイてなかった話は盛り上がり笑いもあって、聞いていても話してもおもしろいものです。

 

「自分を笑い種にできる人」は人間味も感じ親近感を抱き、ホンネでつき合える人の証であります。

 

 

自己啓発本の世界的ベストセラー「D・カーネギーの人を動かす」の中にも、人から信頼を得たいのであれば「話すな。聞け。」と教えております。

人は自分のことを話したくて聞いてもらいたくてたまらないのです。

 

脳科学でも証明されており、人は自分の話をしていると、脳内にドーパミンに似た物質がでて、快感を感じているそうです。

だから人は、自分の話を聞いてくれる人が大好きなんです。

 

「自分のことは話さない、もし話をするなら失敗談」と覚えておこうではありませんか。

 

 

【 まとめ 】

 

1、全ての人へレディファースト「手を差しのべる」

 

2、おだやかな笑顔と上機嫌は「社会貢献である」

 

3、話すな、聞け。もし話すなら「失敗談」

 

 

【ざんねんな50代/その2・嫌われる高齢者予備軍】はこちらから↓


4、40~50代でも歓迎の転職サイトあります!

 

私は49歳の時に会社が倒産して失業、どん底の中でなんとか就職して、50代で2度の転職に成功しております。

同窓会でも、この「49歳で失業、数か月のどん底状態の生活」の話は、みんなもおもしろがってくれました。

 

この記事とは、あまりつながらないのですが、このブログのテーマが「ミドル・シニアの就活・転職支援」ですので紹介させてください。

 

私が当時に登録した就職・転職支援サイトは約20以上、応募をしたのは約200社前後だったでしょう。

 

もちろん書類選考で、だいたい落とされましたが、その逆に採用を辞退した会社もありました。

できるだけ多くのサイトに登録して、できる限り多くの会社に応募をするという、たった一つのシンプルな方法をくり返してあきらめないことであります。

 

実際に私や、50代からの就職と転職を成功した経験者たちが使った、おすすめの就活サイトを集めました。

もちろんこの他にも、たくさんあるので自分で探して登録しましょう!

 

↓↓↓↓↓↓

 

【東京都・東京しごとセンター】

 ※関東にお住まいの方は必ず登録をおすすめします。

 

「ミドルコーナー」では30代~54歳までの東京都内での就職を手厚くサポート。

①専任アドバイザーによる個別カウンセリング

②就活支援セミナー

③個人別プログラム

④求人の開拓と紹介、を本気で支援。

 

登録無料で、合同の面接会も多数開催している。

多くのミドル世代の男性女性、失業者が就職転職に成功しています。

 

※東京以外のお住いの方も利用できます。



【はたらいく・リクルート】

 

私が一番使ったサイトがこちら。

1度目の転職先はここ「はたらいく」から応募し採用されました。

 

全国、全業種にほぼ対応、求人数は圧倒的のリクルートグループです。

毎週月曜・木曜日に求人情報が更新されるので、こまめにチェックしましょう。

 

キーワード検索が充実しているので就業場所や人気職種、こだわりも思いのまま探せる。

必ず登録しておきたいサイトです。

 



【介護職専門・かいご畑】

 

数ある介護職専門サイトから厳選しました。

無資格、未経験でもOK。介護資格を持っていなくても、就業が決まった場合は介護資格講座の受講料が0円で受けられる。

無資格でも、働きながら資格取得&スキルアップを応援してくれます。

 

厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。

 



【ミイダス】

 

まったく新しいタイプの転職サイト。スマホで全てができるので、いつでもどこでも確認ができるのが嬉しい。

今までの職歴や経験、スキル情報から自分の市場価値を知ることができる。

自分と同等の職歴やスキルを持った人がどんな会社、仕事に就いたかなども見れるのは必見。

自分にマッチしたオファーが届くのが待ち遠しい。

早速迷わず登録をおすすめ!

 

ミイダス


【パーソナルマーケティング】

 

テンプスタッフやテンブロスのグループ会社です。

販売職、オフィスワークに特に強い。

全国にあるの登録会場での登録制なので対面式で直接、担当コンサルタントがサポート、相談できるのが嬉しい。

 

正社員募集は多くはないが、ラウンダー営業職など高額時給の長期案件が多い!

「就活を続けていくステップ」としての登録をおすすめします。

 



【外食産業専門アイティーケー】

 

外食産業、飲食産業に特化した専門の転職支援サイト!

業界シェアはトップクラスの求人数と実績を持つ国内の老舗サイトです。

学歴、業界未経験も関係なくアプローチできる。

 

何といっても50代も歓迎しているのがうれしい!

担当のキャリアプランナーさんとの相談、面談がウリとなっており、求人紹介や面接日程の調整など行ってくれる。

当時、私もこのサイトから多く応募しました。

 



【ポジウィルキャリア】

 

名前のとおり、マンツーマンで就職・転職をサポート、コンサルするサービスです。

他のサイトと違うのは「数撃って当たれ」ではなく、自分自身の転職軸を担当トレーナーと整理し、市場で評価される履歴書、経歴書の作成はもちろん「あなたが活動できる、採用されやすい」企業を一緒に考えてくれる。

 

30~50社落ちから、第一志望の内定を取ったケースも多数あるとか...

一人で続けていくのが不安な人は、登録してみてはどうでしょう。

 

ポジウィルキャリア


【転職会議】

 

起業の口コミのサイトとしての登録数はNO.1。

求人案件数も業種を問わず17万件以上(2020.1現在)と群を抜いています。

 

気になる求人はブックマークで保管して自分のペースでどんどん応募が可能です。

気になる会社の口コミを確認することができるのはうれしい。

ただ口コミはネガティブな発言が多いので、参考程度にした方がよいでしょう。

 

転職会議


【福岡転職ドットコム】

 

読者リクエストのサイトです。

サイト運営者はもちろん福岡出身者で「福岡県人による福岡県人のための転職サービス」と胸をはってます。

完全地域密着型で「福岡で働きたい」という気持ちさえあれば「年齢問わず」相談を受けつけているのが、地元出身者にはうれしい。

オフィスは天神にあるが、面談は都合のよい場所も相談ができる。

 



【四国転職ネット】

 

四国地方に限定特化した求人サイトです!

 

四県内に拠点があり各県在住の就活・転職エージェントがあなたの就活を支援してます。

都会から四国へ移り住む方や、Uターンでの活動には欠かせないサイトです!

派遣紹介も行っているので、派遣をやりながら正社員活動もできるのがうれしい。

登録ターゲットに40代、50代もしっかりあるので安心です。

 



【工場ワークス】

 

構内、工場専門の求人サイトとしての求人数は業界最大手の約3万件。

ピッキング、包装、仕分け作業の短期軽作業もおまかせ!

 

正社員に力を入れていてフォークリフト案件も豊富です。

50代歓迎の案件も多くハードルは低いと言えるでしょう。

とりあえず収入確保のステップとして就活を継続するのも有りです。

登録しておきたいおすすめサイト。

 



【タクシー求人専門・タクQ】

 

転職活動を継続しながら就ける仕事として多くの方が経験してます。

入社のハードルは低く、都内であれば400~500万の収入も見込めます。

地方の方にも支援が満載です。

全国に対応していて入社祝い金が最高40万円が出るのはかなり嬉しいですね。

タクシー会社に直接応募するより絶対にお得ですね。

 



【男の退職代行】

 

「もうがまんの限界!新しい道も開けたし天命が下りてきた気がする今がチャンスだ!」

 

日本退職代行協会・JSAA「特級認定」取得で安心!

料金は29,800円のうれしい価格。

相談回数無制限、追加料金一切なし、トラブルおまかせ、 転職成功も提携サポートサイトからなら、お祝金5万円がもらえちゃう。

そのツライ仕事、明日からの即解放。新たな会社で、新たな人生を!

 



下記のよく読まれているブログを参考に! 

「失業からの再就職・奮闘記」ブログシリーズはこちらから↓↓



 

「ホリエモンが教えてくれた」50代での転職の覚悟↓



ミドル諸君!応援ブログ

40~50代とシニア世代の笑顔と希望を応援してます!