【派遣会社の現役社員が明かす】40/50代の現実・再就職はできるのか?

 

2021.10.15更新【失業・就活転職体験記】#30

 

私は49歳の時に会社が倒産して失業して、しばらく絶望感のどん底の中にいました。

 

3ヶ月ほどたったころ最初の就職をしてから、間もなくして1回目の転職に成功します。 

すでに50代でしたが、転職活動は引き続き継続していたため、その2年後に2回目の転職に成功。

 

現在は都内の大手人材派遣会社の正社員であり、登録者の面談と企業への人材紹介をしております。

 

しかしながら失業から3年ほどは収入も半分になり、生活をささえるために休日は派遣2社を使い分け週末に稼働し、日当8,000~1万円ほどを稼いでいました。

派遣の仕事は、食品販売やスーパーでの陳列補助、構内作業までなんでもやりました。

 

そんな私の「50代の派遣スタッフ」「派遣する側の現役社員」の両方の経験から分かった、40代50代の現実をお話しします。


【 目 次 】

 

1、派遣スタッフと使用側の現実

 

2、40/50代が派遣から再就職はできるのか

 

3、まとめ

 

4、あきらめないで!40~50代でも歓迎の転職サイト


地元に帰って就職・地方都市に特化しサイト↓

私はこのサイトで1度目の転職に成功しました↓



1、派遣スタッフと使用側の現実 

 

失業後に私が登録して稼働していた派遣会社は2社で、週末に1日単位の「短期(スポット)派遣」を利用していました。

 

一つは、都内大手スーパーなどで試食販売や陳列補助や補充といった店員さんのような派遣で少々の接客経験と清潔感も必要でした。

もう一つは構内でのピッキングや仕分け、出荷補助などの作業で、いわゆる誰でもできる単純作業です。

 

スーパーでの派遣は店内での作業で、客と接することもあるので派遣元もある程度の人を選んでいたように思います。

 

もう一つの構内派遣は仕事情報が届いて申し込んでも、なかなか仕事の確定は取れません。

登録スタッフは学生から60代と幅広い年齢層が登録していて、仕事も特別なスキルは必要ないため倍率が高かった訳です。

 

 

派遣の働き方には、もう一つ常勤(長期)」という稼働方法があります。

 同じ職場(現場)で週4~5日、3ヶ月以上の勤務で自動更新が多く、派遣スタッフ側としては安定的な仕事を確保できるので安心です。

 

 

2つの派遣の働き方を簡単に言うと↓

 

短期派遣 = 1日限りの仕事。本業や学業があって、休日や空き時間を利用し稼働できる

 

常勤派遣 = 本業として稼働、同一の職場(現場)で生活をささえている

 

 

「派遣会社側」の本音は、日々開催している登録説明会で「常勤可能者」の登録を待っています。

取引先企業から常勤枠の依頼をいただき、これを増やすことによって、数ヶ月先までの安定した売上げを確保できるからです。

 

短期の依頼は、企業側が繁忙期や人手不足などの都合のいい時だけ使う「みずもの」でしかないからです。

 

現実的な話で、40代50代でこの「常勤派遣」で稼働しているスタッフは、私の会社だけでも500名を超えております。


数ある介護職専門サイトから厳選しました↓

マッハスピード転職ならこの業界サイト↓



「常勤派遣」を本業として生活するのは「危険と隣り合わせ」です。※代わりのきく業務の場合

 

利用する企業側の本音としては必要がなくなれば派遣会社に1ヶ月前告知をしておしまい」と、わずらわしいことなく辞めさすのが簡単なので使っているのが本音です。

世間の景気によって大きく左右されややすく、「派遣切り」に合う確率は高いです。

 

いくら「常勤派遣」と言っても、派遣法で「最長で3年間」という縛りもあります。

これは国(政府)が進めている「正規雇用の増加」のためでります。

 

簡単に言うと、国は企業側に対して、

「現状、正規雇用の採用が難しいなら派遣を最長3年間使ってもいいよ」ということなのです。

 

 

では3年間、同じ職場で稼働した派遣スタッフはどうなるのか?下記の選択肢があります↓

 

1、3ヶ月間空ければ、もとの派遣先の職場にもどれます

 

2、派遣会社から紹介される他の派遣先に移る

 

3、自ら新しい道に進む ( 就職やアルバイトなど )

 

 

上記の「1、もとの職場にもどれる」は、受入れ先企業が求めている場合ですが、これはほぼ無いです。

受け入れ先企業は「代わりを入れてください」となるのが普通で、派遣元も売り上げをつなげたいので「交代」をあたりまえに探します。

 

3年経過した派遣スタッフも生活のためにどこかで稼働しなくてはならため、もとの職場にもどることはほぼ無いのが現実です。

派遣会社の社員という立場の私が派遣スタッフたちに密かにアドバイスしていることは3番の「自ら新しい道に進む」であります。

 

現在、全ての年代の人に言えるのが、派遣を本業としているのであれば、すぐにでも抜け出す行動を起こすべきです。

国が「直雇用を推進している」のであれば、今以上に条件が良くなることはないと思った方がいいでしょう。

 

 

他の「派遣会社の現役社員が教える」シリーズはこちらから↓↓



【2、40/50代が派遣から再就職はできるのか 

 

派遣は登録制でいわば誰でも登録できます。

派遣先企業は直雇用とちがい、派遣社員を選ぶことはできないので面接や採用試験なく働き始めることができます。

 

働き始めるまでのハードルが低いのが現状です。

 

常勤の派遣スタッフたちを見ていると、満足しているスタッフはさすがにいませんが「しかたない」「正規雇用はあきらめている」というスタッフが多いのが現状です。

 

しかしながら、中には「就職が決まった」「アルバイトを始めた」と言って退職していくスタッフが多くいるのも事実であります。

 

 

【3、まとめ 】

 

私の話にもどりますが、49歳の時に20年以上務めた会社が倒産して失業...特別な職能や資格もなく50代にして就活を開始。 

タクシー乗務員から人生再スタートを始めて、その後に2度の転職に成功しました。

 

決して運が良かった訳ではなく「正社員になるという意志を持って就職活動の種まき」一定量を超えたからだと思っております。

 

 

その時の経験で「40/50代未経験でも歓迎してくれる転職サイト」がけっこうあることが分かりましたので下の記事で紹介してます↓↓

 


【4、あきらめないで!40~50代でも歓迎の転職サイト 

 

ポイントは「できる限り多くのサイトに登録、できる限り多くの会社に応募する」という量をこなすシンプルな方法です。

とにかく数を撃って「オファーを待つ」

 

実際に私や、50代からの就職と転職を成功した経験者たちが使った厳選した、おすすめの就活サイトを集めました。

 

↓↓↓↓↓↓


【地方都市の専門転職サイト・リブライト】

 

【 あなたの地元・地方に特化した専門就職・転職サイトです!】

 

このサイトの対象者は男女~50代後半までと幅広く、地元に戻って転職したい方、現在住んでいる地方都市でなかなか仕事が見つからない方におすすめのサイトです!

 

登録後は担当コンサルタントから手厚い支援が受けられ、入社条件交渉まで徹底サポートしてくれる!

 



【介護職専門・かいご畑】

 

数ある介護職専門サイトから厳選しました。

無資格、未経験でもOK。介護資格を持っていなくても、就業が決まった場合は介護資格講座の受講料が0円で受けられる。

 

無資格でも、働きながら資格取得&スキルアップを応援してくれます!

厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。

 



【ミイダス】

 

届くオファーは面接確約済み! 

スマホで全てができるので、まったく新しいタイプの転職サイト。

 

今までの職歴や経験、スキル情報から自分の市場価値を知ることができる。

自分と同等の職歴やスキルを持つ人がどんな会社、仕事に就いたかなども見れます。

 

自分にマッチしたオファーが届くのが待ち遠しい!早速迷わず登録をおすすめ。

 



【パーソナルマーケティング】

 

テンプスタッフやテンブロスのグループ会社です。

販売職、オフィスワークに特に強い。

全国にあるの登録会場での登録制なので対面式で直接、担当コンサルタントがサポート、相談できるのが嬉しい。

 

正社員募集は多くはないが、ラウンダー営業職など高額時給の長期案件が多い!

「就活を続けていくステップ」としての登録をおすすめします。

 



【タクシー専門求人サイト・転職道.com 】

 

私(サイトオーナー) は49歳で失業して、まずタクシードライバーで再出発しました!

 

タクシー業界は常に人材不足が深刻であるため年齢のハードルは低く、60代以上を歓迎する企業も増えいるのが現実です。

2種免許取得のハードルも企業側がバックアップしてくれます!

「転職道.com」では専門アドバイザーがサポート!「入職祝い金」もうれしい!

 



【外食産業専門アイティーケー】

 

外食産業、飲食産業に特化した専門の転職支援サイト!

業界シェアはトップクラスの求人数と実績を持つ国内の老舗サイトです。

学歴、業界未経験も関係なくアプローチできる。

 

何といっても50代も歓迎しているのがうれしい!

担当のキャリアプランナーさんとの相談、面談がウリとなっており、求人紹介や面接日程の調整など行ってくれる。

当時、私もこのサイトから多く応募しました。

 



【工場ワークス】

 

構内、工場専門の求人サイトとしての求人数は業界最大手の約3万件。

ピッキング、包装、仕分け作業の短期軽作業もおまかせ!

 

正社員に力を入れていてフォークリフト案件も豊富です。

50代歓迎の案件も多くハードルは低いと言えるでしょう。

とりあえず収入確保のステップとして就活を継続するのも有りです。

登録しておきたいおすすめサイト。

 



【福岡転職ドットコム】

 

読者リクエストのサイトです。

サイト運営者はもちろん福岡出身者で「福岡県人による福岡県人のための転職サービス」と胸をはってます。

完全地域密着型で「福岡で働きたい」という気持ちさえあれば「年齢問わず」相談を受けつけているのが、地元出身者にはうれしい。

オフィスは天神にあるが、面談は都合のよい場所も相談ができる。

 



【四国転職ネット】

 

四国地方に限定特化した求人サイトです!

四県内に拠点があり各県在住の就活・転職エージェントがあなたの就活を支援してます。

都会から四国へ移り住む方や、Uターンでの活動には欠かせないサイトです!

派遣紹介も行っているので、派遣をやりながら正社員活動もできるのがうれしい。

登録ターゲットに40代、50代もしっかりあるので安心です。

 



よく読まれている「失業からの再就職・奮闘記」ブログはこちら↓↓