50代の早期退職・失業からの即独立はほぼ失敗する【リアルな話】

 

#20【失業・就活転職体験記】

    【50代からの副業】

 

40代後半、50代にもなると「定年退職」「年金」が気になり始めますよね。

私も今年(2021)で56才になりますが、先日「年金」について検索していろいろと調べてみたりしました。

 

定年までの、あと約10年をどう過ごすか。

「会社にしがみつくか」「早期退職して独立するか」「好きなことをしながらのんびり過ごすか」な様々だとは思います。

 

 

「今の仕事が好き」という方は、きっとこのブログにはたどり着かないでしょう。 

 

私が一番に言いたいことは、「60代後半、70代になった時に後悔をしない」ということだけです。

 

私は49才で失業し、現在はサラリーマンをしながら、このブログ活動(副業)、「50代の就活転職」「50代一人旅」「50代の副業・趣味」「ファクタリング」をテーマの記事を書いております。

 

今回のブログでは、私自身の体験談と、実際に聞いた「リアルな話」を紹介します。


【 目 次 】

 

1、50代「早期退職」からの即独立は、ほぼ失敗する

 

2、「早期退職」するならば、再就職(安定収入) + 副業から

 

3、50代でも歓迎してくれる転職サイト


地元に帰って就職・地方都市に特化しサイト↓

私はこのサイトで1度目の転職に成功しました↓



1、50代「早期退職」からの即独立は、ほぼ失敗する

 

必ずしもそうとは言いませんが、世の中に出ている「成功例は極一例」であることは間違いありません。

 

 ここから、以前に聞いた、失敗例を紹介します。

 

 

◇ 会社の「早期退職募集」に乗ったA氏の話(実話) ◇

 

中堅企業に勤める、内勤の中間管理職の50代前半のA氏は、会社に不満を持ちながら、なんとなく過ごしていました。

そんな中、会社が退職金上積みの「早期退職者募集」を始めたので、真っ先に手を上げ、会社を去ったのです。

 

以前から、資格を取って独立を夢みていたA氏は、猛勉強の末に「行政書士」の資格を手にし、開業の準備を始めます。

 

都内駅前の雑居ビルに事務所をかまえ、必要なオフィス用品をそろえ、ホームページは業者の言い値で、何十万円も掛け、毎月メンテナンス料も発生しているという。

この時点で毎月、かなりの固定費がかかっています。

 

「行政書士として勤めた経験も実績もない」、これまでに営業の経験もないA氏の営業方法は、ホームページのみでした。

どこかの誰かが、ホームページをみて電話を掛けてくるのを、ただひたすら待っているだけなのです。

※ちなみにアクセス数は、毎日ほぼゼロ...(あたりまえですよね)

 

しばらくして退職金も使いはたし、あきらめて就職活動を始めるも、今度は「行政書士の資格」が就活の邪魔となります。

A氏は、この資格を前面に出しますが、どこも相手にしてくれません。

 

50代で行政書士としての実績もない、経験もない、どこかのおっさんを「資格」があるからといって、雇ってくれるところはなかったのです。

業界的にも「A I 」「デジタルハイテク」に少しづつ、代替えが始まっていたからです。

 

 

この話は実話であり、同じような失敗は、他業種にわたって山のようにあるでしょう。

下のブログでは「50代から取っても無駄な検定や資格」「役に立つ検定・資格」を書いております↓



【 2、「早期退職」するならば、再就職(安定収入) + 副業から 】

 

50代での「早期退職」や、やもえず「失業」してしまった場合は、再就職して安定した収入を確保してから、副業や独立の準備を始めましょう。

ここでは、私自身のことを例に紹介します。

 

 

◇ 49才で会社倒産が失業。現在はサラリーマンをしながら副業中 ◇

 

私は、29才の時に創業した会社を、49才の時に倒産させました。

体調不良が原因とはいえ、この失敗の代償は大きく、ほぼ全てを失いました。

 

「もう一度、独立する」という思いはもちろんありますが、大きな失敗しているので、慎重に動いています。

 

失業してから、数か月後に再就職し、その後、2度の転職に成功し、現在はこのブログ+アフェリエイト(広告収)の副業をしながら、再挑戦(独立)の機会をさぐっております。

 

↓下のブログでは「50代から簡単に始められる副業」を紹介しております↓

 

 

文章を書くのが得意、好き、という方には「ブログ+アフェリエイト(広告収入)」を始めてみてはいかがですか。

「自分の得意」をブログに書いて、関連商材の広告を貼っとくだけの、すきま時間にできる副業です。


【3、40代後半、50代でも登録可能、歓迎している転職サイトを紹介

 

50代でもあきらめないでくださいね!

次のステップ、夢の実現にはまず「安定した収入」が必要です。

 

仮に希望の会社じゃなくても、私が実際やっていたような「勤めながらも就職活動」を続けていく方法もあります。

 

実際に私や、50代からの就職と転職を成功した経験者たちが使った、厳選した失敗しない、おすすめの「就活サイト」を集めました。

 

↓↓↓↓↓↓


【地方都市の専門転職サイト・リブライト】

 

【 あなたの地元・地方に特化した専門就職・転職サイトです!】

 

このサイトの対象者は男女~50代後半までと幅広く、地元に戻って転職したい方、現在住んでいる地方都市でなかなか仕事が見つからない方におすすめのサイトです!

 

登録後は担当コンサルタントから手厚い支援が受けられ、入社条件交渉まで徹底サポートしてくれる!

 



【はたらいく・リクルート】

 

私が一番使ったサイトがこちら。

私の1度目の転職先(50歳の時) はこの「はたらいく」から採用されました!

 

全国、全業種にほぼ対応、求人数は圧倒的のリクルートグループです。

毎週月曜・木曜日に求人情報が更新されるので、こまめにチェックしましょう。

 

キーワード検索の充実、就業場所や人気職種、こだわりも思いのまま探せる。

必ず登録しておきたいサイトです。

 



【介護職専門・かいご畑】

 

数ある介護職専門サイトから厳選しました。

無資格、未経験でもOK。介護資格を持っていなくても、就業が決まった場合は介護資格講座の受講料が0円で受けられる。

 

無資格でも、働きながら資格取得&スキルアップを応援してくれます!

厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。

 



【パーソナルマーケティング】

 

テンプスタッフやテンブロスのグループ会社です。

販売職、オフィスワークに特に強い。

全国にあるの登録会場での登録制なので対面式で直接、担当コンサルタントがサポート、相談できるのが嬉しい。

 

正社員募集は多くはないが、ラウンダー営業職など高額時給の長期案件が多い!

「就活を続けていくステップ」としての登録をおすすめします。

 



【外食産業専門アイティーケー】

 

外食産業、飲食産業に特化した専門の転職支援サイト!

業界シェアはトップクラスの求人数と実績を持つ国内の老舗サイトです。

学歴、業界未経験も関係なくアプローチできる。

何といっても50代も歓迎しているのがうれしい!

担当のキャリアプランナーさんとの相談、面談がウリとなっており、求人紹介や面接日程の調整など行ってくれる。

当時、私もこのサイトから多く応募しました。

 



【タクシー専門求人サイト・転職道.com 】

 

私(サイトオーナー) は49歳で失業して、まずタクシードライバーで再出発しました!

 

タクシー業界は常に人材不足が深刻であるため年齢のハードルは低く、60代以上を歓迎する企業も増えいるのが現実です。

2種免許取得のハードルも企業側がバックアップしてくれます!

「転職道.com」では専門アドバイザーがサポート!「入職祝い金」もうれしい!

 



【工場ワークス】

 

構内、工場専門の求人サイトとしての求人数は業界最大手の約3万件。

ピッキング、包装、仕分けなど短期の軽作業もおまかせ!

 

正社員に力を入れていてフォークリフト案件も豊富です。

50代歓迎の案件も多くハードルは低いと言えるでしょう。

とりあえず収入確保のステップとして就活を継続するのも有りです。

登録しておきたいおすすめサイト。

 



【福岡転職ドットコム】

 

読者リクエストのサイトです。

サイト運営者はもちろん福岡出身者で「福岡県人による福岡県人のための転職サービス」と胸をはってます。

完全地域密着型で「福岡で働きたい」という気持ちさえあれば「年齢問わず」相談を受けつけているのが、地元出身者にはうれしい。

オフィスは天神にあるが、面談は都合のよい場所も相談ができる。

 



【四国転職ネット】

 

四国地方に限定特化した求人サイトです!

各四県内に拠点があり各県在住の就活・転職エージェントがあなたの就活を支援してます。

 

都会から四国へ移り住む方や、Uターンでの活動には欠かせないサイトです!

派遣紹介も行っているので、派遣をやりながら正社員活動もできるのがうれしい。

登録ターゲットに50代もしっかりあるので安心です。

 



下記のよく読まれているブログを参考に! 

「失業からの再就職・奮闘記」ブログシリーズはこちらから↓↓