【東京散歩】コーチャンフォー・若葉台【超巨大書店に行ってきた】

 

【ブログTOP】【50代からの一人ゆる旅】>「コーチャンフォー」#6

 

 

新宿から京王線で約30分。

大型マンション、住宅街、大型店舗や自然がいっぱいの新しい街「若葉台」にある「コーチャンフォー若葉台店」に行ってきます。

「ん、何?こーちゃん?なにそれ」と思った人も多いのでは。

 

書籍・文具・音楽・映像の専門店で、北海道内ではチェーン展開しているようで、ここ「若葉台店」は、本州では初出店だそうです。

関東での知名度はこれからですね。

 

今回は、知人から「超大型のすごい本屋さんがあるよ。家族とよく行く」と、何度か聞かされていたので、「そんなにすごいなら自分の目で確かめようじゃありませんか」ということで、今週の取材予定を変更して行ってみることにしました。

 

行くまでは、心の中で「どうせそんなもん、ふんっ」と思っておりましたが、はたしてどうだったのでしょうか?....




 新宿から京王線で調布へ、京王相模線に乗り換えて、約30分で到着。

新しい街のきれいな駅前には、ショッピングセンターやホームセンター、ケーズデンキ、ヤマダ電機など。

 

 

ロータリーを直進、住宅街に向かうきれいな歩道を500mほど行くと、見えてきます。

 

変わった形の建物で、確かに大きい。

いや、かなり大きいぞ!まさかこれで一つの店舗なのか.....むむむ。

 

入口はこんな感じです。西側のヤマダ電機さんの正面、入口にから入ります。

上の写真2のフロアガイドの上側にあたります。

 

さー中に入っていきましょう。

西側から入ると通路をはさんで、左側が書籍、右側が文具&音楽・映像・カフェとなってます。

 

自分の目で見るまでは「ちょっと大きいくらいだろ、どうせ、、」と思っておりましたが、ほんとうに「超巨大・ドデカ・大型」店舗でした。

 

「なめてました、ごめんなさい」コーチャンフォーの関係者ならびに、教えてくれた知人に対して、心からお詫び申し上げます。

 

上の写真2枚目は、入口すぐ脇にある児童書コーナーです。

このコーナーだけでも、書店1店舗ほどの面積は十分あります。

 

上写真3枚目は、週刊誌、雑誌のコーナーですが、あらゆるジャンルが揃っていて、12の棚で構成されています。

まさに圧巻です。

 

店内を探し回って、お目当ての本を探しだすのは、かなりの困難。

8台ある検索機を使って、探しましょう。

 

上2枚目の写真はレジカウンター。

ブックカバーと、しおりのサービスは12色から好きな色を選べるのがうれしい。

 

上3枚目の写真では、ここ「コーチャンフォー」の広さが分かります。

もう、向こうが見えないくらいです。




次は文具エリアに行ってみましょう。

 

子どもたちが、たくさんいるコーナーがあります。

ちょっとのぞいてみましょう。

 

映画が超大ヒット中の「鬼滅の刃」の文具コーナーですね。

「鬼滅の刃」とコラボすれば、なんでも売れちゃう感じです。

 

上2枚目の写真は「すみっコぐらし」のコーナーですが、この品ぞろえはすごい。

サンエックス(メーカー)のコーナーではなく、一つのキャラクターだけで棚の両面 1台を使った品ぞろえ。

さすがですね。

 

文具エリアでは「ほぼ無いものは無い」と言っても過言ではありません。

和文具、画材、ビジネス用、スクール用はもちろん「銀座伊東屋」「銀座鳩居堂」のコーナーまで。

 

上の写真3枚目、カバンコーナーでもこの品ぞろえです。

 

文具エリアの奥には「ドトールコーヒー」があります。

なんとここでも、206席と全国最大なのです。

のぞいてみると、ほんとうにかなり広いです。

 

最後は、書籍エリアで2021年度版の「ゲッターズ飯田さんの占い」「東京散歩」を購入しました。

 

ほんとうに超巨大な店舗でした。

店内では、ある家族が待ち合わせ場所を決めてる場面にも出くわしました。

 

東京多摩エリアの方は一度、来店してみてはいかがでしょうか。

 

 

音楽・映像エリアでの撮影は、しませんでした。

※店内での撮影は、許可をえて行っております。

 

「コーチャンフォー若葉台」はこちらから






 

Egao-Kibo!応援ブログ

全国の中小企業の社長さんの笑顔と希望を応援してます!

40~50代とシニア世代も応援! 

 

 

ファクタリング利用者の体験談を公開↓

 

実際の利用者が教える契約前の注意点↓

ブログランキング・にほんブログ村へ