50代からの就職・転職ができる人、できない人【証明あり】

 

#14【失業・就活転職体験記】

 

私は、あと少しで50歳にもなろうとする49歳で失業し、その3ヶ月後に就職。

その後、2度の転職に成功します。

 

現在は都内の人材派遣会社で顧客管理と登録スタッフの採用面談、取引先への紹介などを担当しています。

就職・転職活動は約2年半で一旦、休止中であります。

 

現在の会社では就業条件も希望どおりで、サラリーマンをしながら週末にはこの執筆活動を行っております。

 

今回のブログでは「できない人」の特徴を主に話します。

 

私はふだん日々、多いときで約10~15名ほどの応募スタッフさんたちの面談をしております。

年代も20代から60代の男女と幅広く、さまざまな人の就活、人生を見て、聞いております。

 

その中で気づいた主な「できない人の考え方」を紹介します。

 

ブログのタイトルには「50代からの~」としておりますが、実は「できない人」の特徴は年代はあまり関係なく「20・30・40代でも、できない人はできない」のです。

 

その人たちの特徴は「すでにあきらめている人」であります。

そして自分のことを少し「不運」にも思っているようです。

 

「不運」に思っているとはどうゆうことか少しお話しします。


【 目 次 】

 

1、できない人は「不運」に思ってる

 

2、できる人の特徴

 

3、厳選したおすすめ転職サイト選


地元に帰って就職・地方都市に特化しサイト↓

私はこのサイトで1度目の転職に成功しました↓



【1、できない人は「不運」に思ってる 】

 

私は14才の中学2年生の時に不思議な体験をしたことから、「運とは何だろう」と興味を持ち調べるようになりました。

そして、今までたくさんの人たちから「強運とは何だと思いますか?」と聞いて回っております。

 

まずは私の「不思議な体験」をお話ししますね。

 

当時、両親は自宅で商売をしていたので1階が会社事務所になっていました。学校から帰ってすぐに母からお客様4名にコーヒーを入れるように頼まれました。

電気ポットのお湯が少なかったので水を足そうとしたところ、ポットのバランスを崩して熱湯を左手かけてしまったのです。

 

大火傷です。あわてて水をかけましたが、少したって「あれ?火傷してないぞ?」と気がつきます。

どうしてか?...実はこの約15分ほど前に震度4ほどの地震があったのです。

 

この地震のゆれでポットの電源は自動に切れて、100度ほどあった熱湯が、わずか15分という時間で50度ほどまで、お湯を冷ましていたのです。 

 

まさに「強運」でした。

 

このころから「強運とは何だと思いますか?」たくさんの人に聞くようになりました。

 

よくある回答は「宝くじが当たる」とか「予期せぬ財産が入る」「すごい美人(美男)と交際できる」など、あまり現実味のない、すぐに結果を求めるものが多いのです。

そしてこのような回答をする人たちは、実際にそのようなことは起きてなく、逆に自分のことをあまり運がいいとは思っていないようです。

 

 

「できない人の特徴」話に戻りますが、いわゆるこうゆうことです。

 

「思っていることがすぐに結果にでない」

 

⇒「自分はあまり運が良くないのでは?」

 

⇒「どうせむり、あきらめてる、行動しない」

 

⇒「就活はもうしていない」

 

 ということのようです。

 

 

では「できる人」はどうでしょうか?

 


【2、できる人の特徴 】

 

先ほどの私の話ですが「強運だった」とか自分で言っていながら、何か特別なものを手に入れたわけではありません。

 

この話を今までにもたくさんの人にしましたが、お金をもらったこともありません。

いわゆる、それまでと同じ左手を「現状維持ができた、火傷をしなかった」ということだけです。

 

人は何かの大きな災害や事故があった時に「何事もなく現状維持ができた」時に「奇跡」とか「強運」とか言うのです。

 

「強運とは何だと思いますか?」の質問で、自分のことを運がいいと思っている人の回答に「事故もなく健康でいられること」、「目標に取り組める、なりたい自分の準備ができる」などが多くあります。

 

 

「就職・転職ができる人とは?」

 

年代に関係なく「前向きで現状の不満を口にしない」「積み重ねが大事で結果をすぐに求めていない」という人たちなのです。

 

このような「思考と立振舞い」が、自然と表情や顔にもにじみ出て、採用側の印象をよくして声をかけて頂けるのです。

 

 

こちらも確認してみてください↓

【50代からの就活に失敗しないポイント10箇条】

 

 

【テレビでもおなじみの脳科学者 中野信子さんの「運」についてのおすすめ本・Amazon↓】

【楽天ブックスより↓】


【3、私が厳選したおすすめサイト選 】

 

40後半~50代でもあきらめないでくださいね!登録や応募も数をこなすことが第一です!

実際に50代からの就職と転職を成功した経験者たちが使った厳選した失敗しない、おすすめの就活サイトを集めました。

 

↓↓↓↓↓↓


【介護職専門・かいご畑】

 

数ある介護職専門サイトから厳選しました。

無資格、未経験でもOK。介護資格を持っていなくても、就業が決まった場合は介護資格講座の受講料が0円で受けられる。

 

無資格でも、働きながら資格取得&スキルアップを応援してくれます! 

厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。



【地方都市の専門転職サイト・リブライト】

 

【 あなたの地元・地方に特化した専門就職・転職サイトです!】

 

このサイトの対象者は男女~50代後半までと幅広く、地元に戻って転職したい方、現在住んでいる地方都市でなかなか仕事が見つからない方におすすめのサイトです!

 

登録後は担当コンサルタントから手厚い支援が受けられ、入社条件交渉まで徹底サポートしてくれる!

 



【タクシー専門求人サイト・転職道.com 】

 

マッハスピードで転職ならこの業界!

私(サイトオーナー) は49歳で失業してタクシードライバーから再出発しました!

 

タクシー業界は常に人材不足が深刻であるため年齢のハードルは低く、60代以上を歓迎する企業も増えいるのが現実です。

2種免許取得のハードルも企業側がバックアップしてくれます!

「転職道.com」では専門アドバイザーがサポート!「入職祝い金」もうれしい!

 



【はたらいく・リクルート】

 

私が一番使ったサイトがこちら。

私の1度目の転職先(50歳の時) はこの「はたらいく」から採用されました!

 

全国、全業種にほぼ対応、求人数は圧倒的のリクルートグループです。

毎週月曜・木曜日に求人情報が更新されるので、こまめにチェックしましょう。

 

キーワード検索の充実、就業場所や人気職種、こだわりも思いのまま探せる。

必ず登録しておきたいサイトです。

 



【パーソナルマーケティング】

 

テンプスタッフやテンブロスのグループ会社です。

販売職、オフィスワークに特に強い。

全国にあるの登録会場での登録制なので対面式で直接、担当コンサルタントがサポート、相談できるのが嬉しい。

 

求人業種も豊富で営業職から販売やオフィスワークまでほぼ対応。

正社員募集は多くはないが、ラウンダー営業職など高額時給の長期案件が多いのが特徴です!

就活を続けていくステップとしての登録をおすすめします。

 



【外食産業専門アイティーケー】

 

外食産業、飲食産業に特化した専門の転職支援サイト!

業界シェアはトップクラスの求人数と実績を持つ国内の老舗サイトです。

学歴、業界未経験も関係なくアプローチできる。

何といっても50代も歓迎しているのがうれしい!

担当のキャリアプランナーさんとの相談、面談がウリとなっており、求人紹介や面接日程の調整など行ってくれる。

当時、私もこのサイトから多く応募しました。

 



【工場ワークス】

 

構内、工場専門の求人サイトとしての求人数は業界最大手の約3万件

ピッキング、仕分け、包装作業など軽作業も満載です!

 

正社員に力を入れていてフォークリフト案件も豊富です。

50代歓迎の案件も多くハードルは低いと言えるでしょう。

とりあえず収入確保のステップとして就活を継続するのも有りです。

登録しておきたいおすすめサイト。

 



【福岡転職ドットコム】

 

読者リクエストのサイトです。

サイト運営者はもちろん福岡出身者で「福岡県人による福岡県人のための転職サービス」と胸をはってます。

完全地域密着型で「福岡で働きたい」という気持ちさえあれば「年齢問わず」相談を受けつけているのが、地元出身者にはうれしい。

オフィスは天神にあるが、面談は都合のよい場所も相談ができる。

 



【四国転職ネット】 

 

四国地方に限定特化した求人サイトです!

各四県内に拠点があり各県在住の就活・転職エージェントがあなたの就活を支援してます。

都会から四国へ移り住む方や、Uターンでの活動には欠かせないサイトです!

派遣紹介も行っているので、派遣をやりながら正社員活動もできるのがうれしい。

登録ターゲットに50代もしっかりあるので安心です。

 



 ◆他のよく読まれている参考記事↓◆