【参考】倒産して失ったもの。そして手に入れた大事なもの.../倒産社長の実話ブログ

 

【経営の危機・相談者からのQ&A】

 

この記事では、リアルに「倒産を経験した創業社長」にしか分からない知ることができないことをお伝えします。

 

会社倒産と同時自己破産で「失うもの」は予想がつきますが、その後に手に入れたもの」に関してはなかなか想像がつきにくのと思います。

又、そのような内容の記事がないのも現実です。

 

手に入れたもの」に関しては、人によって様々ですが、倒産経験者の方々からも同じような共通点があることが分かりました。

 

今回はそれを紹介したいと思います。

 

※あくまで参考としてください。必ずしも当てはまるものではありません。


【 目 次 】

 

1、倒産して私が失ったもの TOP3

 

2、倒産して私が失ったもの 4.5.6

 

3、倒産して私が失ったもの 7.8.9

 

4、倒産して手に入れたもの 1.2.3.4


【1、倒産して私が失ったものベストTOP3 】

 

1、会社/独立して創業。全て掛けてつくったものでした。

 

2、仕事(収入)/50才を目前に無職となりました。

 

3、金融の信用/今後、約10年間はローンや保証人ができなくなります。

 

 

大きなものは「上記の3つ」でしょう。これは誰もがほぼ同じと思います。

あらためて書いてみるとすごく大変なものを失いました。

 

でも今は、こうして好きなことをしながら安定した収入を得て再起業をめざしてます。

 

 

【2、倒産して私が失ったもの 4.5.6 】

 

4、自宅/新築一戸建てで10年ほど住んでおりました。子どもたちもここで成長し大切な時間を過ごした自宅でした。

 

5、マイカー/ホンダのストリーム。これも家族といろんなところに出かけた思い出のある車でした。※査定額20万円以上

 

6、生命保険/これも全て解約。もしもの時に残された家族のことを考えると不安でいっぱいでした。

 

 

上記の3つですが、持っている場合に失う可能性のあるものです。

 

後から知ったのですが、生命保険やマイカーはそのまま持っておくことも可能です。

【※管財人に買い取る旨を伝えて、査定額を支払うという方法があります。】


【3、倒産して私が失ったものベスト7.8.9 】

 

7、従業員との付合い/私の当時の人間性も反省しますが、当時の従業員との付き合いは現在もまったくありません。

 

8、取引先との付合い/どんなに自分が親しいと思っていても、相手にとっては「取引先の決裁権のある人(社長)」でしかなかったようです。

 

9、仕事関係の友人/これは私が「フェイスブック」や「LINE」を閉じたのも原因ですが、以降2名程と連絡を取っているだけです。

 

 

失ったものはだいたいこんな感じです。

 

私はこの時から「人生をリセット」してみようと思い、それを実行しました。

知らない世界を見てみたい思いと、自分を変えてみたいと思ったからです。

 

古い友人たちとの連絡も断ちました。

もう6年目になります。特にいつまでとかも決めていません。 

 

 

ではここからは、その後に私が「手に入れた大事なもの・ベスト4」を発表します!

さーここからは明るい話ですよ。

 

 

【4、倒産後に手に入れた大事なものベスト1.2.3.4 】

 

1、健康!ストレスなし!/なんといってもこれです!

 

倒産を決断した理由の一つに、働きすぎの疲労による体調を崩したということもありました。

激しい腹痛と喉に異物ができ、とうとう出勤できなくなるほど悪化しました。

 

倒産後、3ヶ月もすると喉の痛み遺物は少しづつ治りはじめて、6ヶ月もたったころにはすっかり無くなっていました。

腹痛は何かあってはいけないと思い病院に行き検査をしましたが、何も見つかりませんでした。

 

これ、ほんとうにあった不思議なことですが、喉と腹痛の医師の診断は「ストレス病」だったのです。

体がもう「やめろ」と言っていたんです。脳がそうゆう信号を送っていたんです。

 

その時に医師から聞かされました「脳は体に必要以上の負担がかかると、それを止めさせようと動けなくする何らかの信号を体のどこかに出すことがある」と教えてくれました。

まさにこれがそうだったのです。

 

それから今日までストレスもなく、ほんとうに健康でいろんなことに挑戦しています。

 

 

2、時間/これまでをふりかえり、これからを考えるゆっくりとした時。

 

それまでは自宅に帰っても、5営業日ごとに必ずくる何らかの支払いの計算やネットショップのアクセス分析や新商品のアップロードなど忙しすぎて家族との会話もふれあいも生活感などまったくありませんでした。

 

しかしその後は、家族と過ごす時間と会話もありあまるほど増えました。

今まで興味のなかった本やテレビも見ました。

いろんなところにも出掛けました。

 

そして今日までと、これからの新しい人生設計を楽しみながら考えられるようになりました。

時間を大切に思うようにもなりました。


 3、新しい仲間/新しい環境と世界の人たち

 

倒産後は古い友人との連絡を絶ちましたが、それでもやっぱりさみしくなるので、いろんなイベントやセミナーに出かけるようになりました。

そして、そこでたくさんの新しい仲間と出会い、たくさんの友人ができました。

 

私は今でも平日はサラリーマンとして都内で働いております。

この活動とブログは、当時の私と同じ境遇にいる人たちの不安を少しでも解消してあげたい思いから続けております。

 

こんなボランティア活動を2年以上もしていると、いろんな方から声を掛けていただくようになりました。

その中には、これからの人生を大きく変えるような出会いもありました。

 

 

4、人としての姿勢と謙虚さ/周りへの配慮と笑顔と優しさ

 

倒産後、しばらくしてから大切なこと、おろそかにしていたことにたくさん気がつき始めます。

 

それまでは欲しいものは買って、食べたいものを食べて、お金の使い方も乱暴でした。

家族や従業員、取引先にも、みけんにシワよせて不機嫌に接していました。

 

それまでの自分がほんとうに恥ずかしいことをしていたと思うようになりました。

 

それから今日までは「姿勢を正し謙虚で、いつも笑顔で上機嫌」でいることを心掛けております。

それを数年、続けていたら「運」も良くなってきたように思います。

 

いろんな人から誘われるようになり、声もかけてもらえるようになりました。

自分の人生で一番、精神的に成長できた約5年半でした。

 

 

倒産は一大決心の「人生を大きく変えてしまう大事件」であるのは間違いありません。

でも私を含め、これまだ会った多くの方が後悔はしてません。

むしろ、良かったと言う方がほとんどです。

 

私がその後に「手に入れた大事なも」のは、あてはまらない方もいるかもしれませんが、皆さんにも必ず何かが見つかるはずです。

 

今、苦しい思いをされている方、頑張ってください。

 

 

関連記事はこちら↓↓

 

 

【40/50代失業からの就活/転職奮闘記】TOP↓

 

 

【50代からのタクシー転職/おすすめする理由】↓

 

 

発行済の請求書を即資金化するファクタリング↓↓