【保存版】50代男性の就活で失敗しない10箇条・その2【すぐできる編】

 

#7【50代の就活・転職体験記】

 

もうどうしても耐えられない、いられる状況じゃない。などの様々な事情があっての50代の退職失業。

 

人によっては「会社にしがみついてきた自分が恥ずかしい、情けない」と思い退職される方もいます。

 

多くの人が再就職なんてもう絶対できないとあきらめてしまうようです。

 

「もう何十年も就職活動なんてしてないし、今さらどうすればいいの?」と思ってしまいますよね。

 

私も実際にそうでしたから痛いほど分かります。

でも始める前からあきらめないでください。

続ける覚悟と、変わる勇気があれば必ずチャンスはやってきます。

 

このブログでは、私自身の就活に生かした方法と相談者さんたちの就活成功談をもとに作った

「失敗しない方法10箇条」をシリーズで解説していきます。

 

今回は下記の4、5、6を解説していきます。

 

 

◆50代からの就活に失敗しないポイント10箇条の4,5,6◆

 

4.自己アピールでは「過去の実績」より「50代の私ができること」で勝負する。

 

5.「コミュニケーション能力」と「クレーム対応はおまかせ」をアピールする。

 

6.自分の顔と姿を鏡で毎日チェックする。自分をカッコイイと思うまで自分を変えていく。

 

 

※今回はちょっとした変化で簡単にできる方法をアドバイスします。

 

 

【4.自己アピールでは「過去の実績」より「50代の私ができること」で勝負する】

 

私は平日は都内の人材派遣会社で勤めており、応募してくるスタッフさんたちの面接を行っております。

派遣先業種が多種多様なため、年齢も20代から60代と幅広く来られてます。

同世代や先輩シニアの方には大企業で活躍していた方も多くいます。

 

この方たちは決まって、経歴に過去の会社で自分のしてきた実績をずらずらと書いてます。

しかしこれ、はっきり言って見てません。こちらからするとおやじの自慢話でしかないんです。

 

こちらが知りたいのは「過去に何をしてきたかより、これからあなたができること」なんです。

 

50代以上のシニア年代に過去の成功談より「失敗や挫折」から得た経験をリスク回避に役立ててほしい、若い世代に伝えてほしいのです。

なにも今から営業に出てバリバリやってほしいとは思っていないのです。

 

私たちは「ぐちや不満を言わないまじめに働く」世代であり「24時間働けますか」のモーレツな残業時代を生きてきました。

世間でもその印象はまちがいないでしょう。

 

20~30代には頼みにくい急な時間外の対応や、担当外の仕事でも気持ちよく引き受けられることなどの柔軟性をアピールすると、よい印象がつくのは間違いありません。

 

 

【ここでおすすめの総合職サイトをいくつか紹介】

※登録は各社簡単にできるので外せないサイトです。

 

 

【5.「コミュニケーション能力」と「クレーム対応はおまかせ」をアピールする】

 

企業側が採用選考時に重視する要素として上位にあるのが「コミュニケ―ション能力」です。

では、転職する側はどう思っているのか?

リクルートが行った調査でとても興味深い、なんとも奇妙な結果があるので紹介します。

 

日本とアメリカを含む8か国のビジネスマン6千人に転職に関して一番重要視することは何かの質問に、日本以外の7か国では「高収入、充実した福利厚生」と答えている。

それに対して日本人だけが「職場での良好な人間関係」と答えているのである。なんか分かるような気もしますね。

 

今、日本人は「人間関係を円滑にしたい、コミュニケ―ションをとりたい」という「やすらぎ」のような欲求が求められているのです。

 

 

では今さらですが「コミュニケーションってどうとるの?」という方のためにアドバイスです。

 

コミュニケーションとは「あなたが周りの相手に合わせてうまくやりとりしていく」とういことではありません。

相手があなたをどう見てるかが肝心なんです。

 

 

【50代からのコミュニケーション3つの要点】

 

1、周りの人に配慮ができる

 

2、笑顔で表情がゆたか、いつも上機嫌である

 

3、話の聞き役にまわる、お礼や感謝の気持ちを伝える

 

いかがですか?

1の「周りの人に配慮ができる」は京都大学の藤井聡教授の著書の中でも「他人に配慮ができる人は信用されやすく運も良い」と述べられてます。

「自分のことばかり考えていて、目先の損得しか関心のない人は、周りの人から協力を得られない」ということです。 

 

 

2は言うまでもありませんが、シニア世代には不機嫌な人がほんとうに多いです。

 

テレビでもおなじみの明治大学の斉藤孝教授の著書に「不機嫌は罪である」という本もあるくらいで、不機嫌にしているだけで周りの人に不快感を与え迷惑を掛けているのです。

これだけでもうほんとうに罪ですよね。

 

 

3の「聞き役にまわる」ですが自分の話をながながとする人ほど嫌がられるのは間違いないのですが、50代の男性となるとさらに嫌われます。

 

以前にこんな話を聞いたことがあります。

ある営業マンが訪問したお宅で、ご婦人のアフリカ旅行をした時の話を長々とただただ聞いてあげていたそうです。

 

数日後に、その婦人からその営業マン宛に会社へ注文がきたそうです。

その時に婦人はこう言ったそうです「なんてお話し丈夫な方でしょう。買いたくなりました」と。

 

その営業マンが言うには「話はほとんどしてなく、最後に3分ほど商品説明をしただけだ」と言うのです。

 

どうゆうことかと言いますと「話せるだけ話せて、それを聞いてくれて大満足」だったんです。

人は自分のことを話したくて話したくてたまらないのです。

そして、それを親身に聞いてくれる人が大好きなんです

 

 

そして「お礼や感謝の気持ちを伝える」ですが、ふだんから自分の周りの細かいことにも感謝して「ありがとう」を言う。

そういうふだんからの振る舞いが「あの人に頼もう」とか「あの人も呼ぼうよ」など周りの人から近づいてきてくれるのです。

 

 

【6.自分の顔と姿を鏡で毎日チェックする。自分をカッコイイと思うまで自分を変えていく】

 

私は50代も中ばになりましたが今でも毎朝、鏡の前で顔と髪型、身なりのチェックは欠かさずしております。

というより毎日の歯磨きと同じで習慣化しており、休日ももちろん365日チェックしてます。

 

面接に来る私と同世代の50~60代男性の5割以上の人が顔や髪型、身なりの手入れと顔の表情を、ほったらかしの方がほんとうに多いです。

 

この世代の男性は自分の顔や服装にあまり興味がないのです。

自分が知っている「自分の顔」も5年くらい前の顔で、鏡に映した現実の自分の顔を見て驚く人も多くいます。ほんとうですよ。

 

髪型や身なりを整えて笑顔で表情を豊に、背筋を伸ばして上機嫌に振るまえば、周りから自然と「あの人に頼もう」とか「あの人も呼ぼう」など周りの人から近づいてくるようになります。

 

「かっこいい大人」であることは周りに良い影響を与えて「社会的貢献」でもあるのです。

 


 ◆その他のブログ↓◆

 

「倒産社長の実話ブログ・どん底からのやり直し奮闘記」TOPへ↓



◆当委員会が厳選したおすすめサイト選◆

 

50代でもあきらめないでください!登録や応募も数をこなすことが第一です!

 

実際に50代からの就職と転職を成功した経験者が使った厳選した失敗しない、おすすめの就活サイトを集めました。

迷ってないですべて「ポチッ!」今すぐ登録しましょう!↓↓

 

【アイデムスマートエージェント転職】

国内を代表する求人情報誌とサイトを運営。求人会社数の登録も25万社と圧倒的です。

他のサイトだと「登録・応募・返事待ち」といった流れだが、アイデムスマートエージェントでは専任担当がおり、ヒヤリングではあなたの強みなどを活かした経歴書の作成や面接対策までフォロー。選考通過率のUPを図ります。

登録必須のサイトです。

 



【パーソナルマーケティング】

 テンプスタッフやテンブロスなど大手有名企業のグループ会社です。

何といってもホームページの検索機能は抜群です!

全国にあるの登録会場での登録制なので、直接の相談などもできるのが嬉しい。

求人業種も豊富で営業職から販売やオフィスワークまでほぼ対応。

正社員募集は多くはないが、ラウンダー営業職など高額時給の長期案件が多いのが特徴です!

就活を続けていくステップとしての登録をおすすめします。

 

 



【転職会議】

 起業の口コミのサイトとしての登録数はNO.1。

求人案件数も業種を問わず17万件以上(2020.1現在)と群を抜いています。

気になる求人はブックマークで保管して自分のペースでどんどん応募が可能です。

気になる会社の口コミを確認することができるのはうれしい。

ただ口コミはネガティブな発言が多いので、参考程度にした方がよいでしょう。

さー早速「ポチッ」です。

 

転職会議


【ミイダス】

まったく新しいタイプの転職サイト。スマホで全てができるので、いつでもどこでも確認ができるのが嬉しい。

今までの職歴や経験、スキル情報から自分の市場価値を知ることができる。

自分と同等の職歴やスキルを持った人がどんな会社、仕事に就いたかなども見れるのは必見。

自分にマッチしたオファーが届くのが待ち遠しい。

早速迷わず登録をおすすめ!

 

ミイダス


【外食産業専門アイティーケー】

外食産業、飲食産業に特化した専門の転職支援サイト!

業界シェアはトップクラスの求人数と実績を持つ国内の老舗サイトです。

学歴、業界未経験も関係なくアプローチできる。

何といっても50代も歓迎しているのがうれしい!

担当のキャリアプランナーさんとの相談、面談がウリとなっており、求人紹介や面接日程の調整など行ってくれる。

当時、私もこのサイトから多く応募しました。

 



【ドライバー専門ドラEVER】

ドライバー専門の求人サイトとしては国内最大級クラスです。

現在、運送業界は深刻なドライバー不足となってます。

就職のハードルは低く、一人の時間も多いので、さらなる転職活動の為にもワンクッションと考えるのもおすすめです。

「50代歓迎」の求人が多いのもうれしい!

 



【公益財団法人東京しごと財団】

東京仕事センターミドルコーナーでは30代~54歳までの東京都内での仕事探しをサポートしてます。

専任のアドバイザーがサポートしてくれて就活支援に関する講座も毎日開催していています。講座は全て無料がうれしい。

合同の面接会も多数開催してくれている。

多くのミドル世代の失業者が就職転職に成功しています。

 



【タクシー求人専門・タクQ】

転職活動を継続しながら就ける仕事として多くの方が経験してます。

入社のハードルは低く、都内であれば400~500万の収入も見込めます。

地方の方にも支援が満載です。

全国に対応していて入社祝い金が最高40万円が出るのはかなり嬉しいですね。

タクシー会社に直接応募するより絶対にお得ですね。

 



【工場ワークス】

構内、工場専門の求人サイトとしての求人数は業界最大手の約3万件!

正社員に力を入れていてフォークリフト案件も豊富です。

50代歓迎の案件も多くハードルは低いと言えるでしょう。

とりあえず収入確保のステップとして就活を継続するのも有りです。

登録しておきたいおすすめサイト。