ファクタリングとは何か?この手があったのか…おすすめ優良会社サイト

ファクタリングとは何か おすすめ 仕組み

 

【ファクタリングを調べてみた】

 

「ファクタリング」という言葉を始めて耳にしたのはわずか数年ほど前だったかと思います。

 

それから急にここ数年くらいでよく耳にするようになりました。私の相談者さんから「ファクタリングってどうでしょう?」という質問を受けるようになったからです。

 

私自身が会社経営をしていた時に利用したことがなかったのと仕組みもよく解っていなかったのでアドバイスもできませんでした。

そこで会社を倒産させた経験のある私がどんなものか調べてみました。

 

結論から先に言ってしまうと「慢性的な経営の悪化(倒産など)に直面している状態を改善するのは難しが、金融機関から新規や追加融資(固定負債を増やさない)せずに一時的な資金不足は乗り越えられる」ので、使い方を間違わなけれおすすめできる資金調達方法だと思いました。

 

このブログでは、その当時に利用していたら「会社を回復させられたのか」など感想を含めメリット・デメリットや各優良会社の紹介やサービス内容をまとめてみました。


◆ 内 容・目 次 ◆

 

1、ファクタリングの仕組みと種類

 

2、メリットとデメリットは?怪しくないの?

 

3、特徴のある優良会社を調べてみた↓

 


調べてみると老舗だと20年以上の実績がありました急速に普及を始めたのはこ2~3年のようです。

 

時代の流れで「約束手形」の急激な減少からだと思われます。いわゆる「手形割引」や「手形裏書譲渡」などの資金調達方法がなくなり、これに代わるのが現代版「ファクタリング」ということでしょう。 

 

比較的に新しい資金調達方法ですね。仕組みを簡単に言うと、急な運転資金が必要になった場合に「銀行融資では間に合わない」「追加融資が受けられない」「借入金(固定負債)を増やしたくない」などの理由で、入金前の売掛金(売掛債権)を買い取ってもらい早期に現金化することができるというサービスです。もちろん手数料も掛かります。

 

 

【1、ファクタリングの仕組みと種類】

 

 

ファクタリングサービスは、すでに発行済の請求書の売掛債権をファクタリングサービス会社(以下・F会社)に手数料を引いた金額で買い取ってもらい売掛金を早期現金化するという比較的最近普及した資金調達方法です。

 

◇2社間取引とは

 

「2社間取引」とは自社とF会社のみでの取引です。取引先(売掛先お客様)を巻き込まない。

 

取引先の承諾を受ける必要がないため比較的簡単なので早期に受けれる。この方法が主流のようです。

 

 

◇3社間取引がある

 

「3社間取引」とは取引先(売掛先お客様)を巻き込むかたちです。F会社が取引先から売掛金を回収します。

 

取引先の承諾が必要で、取引先内部での支払先変更手続きなどの面倒な作業が発生し迷惑もかかり信用も低下する可能性があります。

 

 

◇手数料?保証人や担保は?

 

ファクタリングは金銭の貸付ではない為、金利という概念がなく手数料となります。

そのため保証人や担保は法的には不要なようです。

しかし利息制限法が適用されないので銀行などの借入れ金利に比べてかなりの手数料になります。


【2、メリットとデメリットは?怪しくないの?

 

ファクタリング使い方 おすすめ会社 口コミ

 

メリットは?

 

1、一時的な資金不足に直面した時に金融機関から新規や追加融資(固定負債を増やさないで)を受けずに乗り越えることができる。

 

2、金融機関からだと融資を受けるまで時間が掛かるが、申込みがWEBなど簡単で最短で即日の資金調達ができる。

 

3、取引先からの急な発注に対して資材や商品の仕入れ、人件費などの調達ができ対応ができる。

 

4、基本的に保証人や担保が不要。

 

5、債務超過中や消費税の延滞中でも利用が可能。※審査有り

 

6、2社間取引の場合に取引先には基本的には伝わらな。

 

 

◇デメリットは?

 

1、一時的な資金不足は乗り越えたが、次の売掛金入金までの時間幅が広がり同じことが起きる。

 

2、大手金融機関の利息と比較すると手数料はかなり高めである。

 

3、3社間では取引先の承諾が必要なため信用にかかわる。

 

4、一度使うと中毒性の可能性がある。

 

※特に1、4は当てはまる可能性が高いです。


【3、特徴のある優良会社を調べてみた

 

実際に利用するとなった時に、どこのファクタリング会社に問い合わせるのか、利用するのかは悩むところだと思います。

 

そこで私なりに調べてみました。内容は実績、手数料、ホームページや問い合わせ時に丁寧だったかなど。

失敗しない優良会社を紹介します。

 

※基本的には数社から見積もりを取ることをおすすめします。

 

↓↓↓↓↓↓

 

対面式全国対応・MSFJ 株式会社】

 

創業は2015年と比較的新しい会社ですが、その実績と利用者の支持からファクタリングサービスの優良会社に。

 

手数料も比較的安く個人事業主にも対応していて審査通過率は93%以上と高い。ほぼ全ての業種に対応。

コンサルティング部門もあります。

ホームページ内のコラムコーナーは見どころ満載です。

全国に対応、個人事業主も歓迎!

 



【ネット/スマホで完結!非対面式・ウィット】

 

即日、非対面、少額対応に特価しているため遠方ユーザーにも喜ばれている。

大手ファクタリング会社では相手にされない少額30万円から対応可。

 

東北は仙台、南は福岡と支店もあり全国に対応。

個人事業や小規模企業にも親切、丁寧に対応してくれるから嬉しい。

 

建設業界に強くお得意様も多い。元建設業の経験者がアドバイザーとしてサポートしてくれる。

 

 

建設業界の特化した「けんせつくん」はこちら↓



ネット/スマホで完結!非対面式・ PAY TODAY 

 

すべての手続きがネットで完結できる。

わずらわしい、先方とのやり取りがないのが特徴で選ばれている。

AIにより独自のクレジットモデルによるスピード審査で、最短振り込み1時間半の実績あり!!

 

手数料は上限率を~9.5%(最低は2%)に設定しているため、業界平均の10~14%を大きく下回る!また、売掛サイト90日の債券にも対応している。

少額10万円から、日本全国ほぼ全業種の法人、個人業者に対応している!

 

「完全無料見積り」は是非おすすめです。

 



【九州・四国・山陽山陰地域の方はこちら 

 

【株式会社トラストゲートウェイ】

 

福岡に本社があり、大阪にも支店があります。

九州、四国、山陰、山陽地区の方には必見です。

 

九州では「ファクタリングならトラストゲートウェイ」と呼ばれるまでに成長!

全国展開する大手にも引けを取らない業界最高水準のサービスを提供している。

強みは「経営アドバイス力」でキャッシュフローの改善から、経営を立て直すプランを一緒に考えてくれる。

 

手数料はもちろん良心的!ネット、対面と両方対応!

東京まで行く手間なくコストも軽減。 

 



【速さで勝負!対面/ネット対応も・株式会社 アクティブサポート】

 

対面と出張、郵送、ネット・スマホと全てに対応している。

最短即日入金はもちろん、手数料も最大で14.8%としっかり表示しているので見積もり依頼も安心。

事務手数料(登記費用・交通費)などみなし手数料(初期費用)は一切無料がさらにうれしい。

必ず見積もり先行の為、契約も安心。

 

又、スピード勝負のネット/スマホで完結できる「QuQuMo online/ククモ オンライン」サービスを開始!

明日にせまる支払、給料など東京まで行けない経営者にうれしいサービスです!

 



【わざわざ来てくれる/出張対応なら 株式会社 NO.1 】

 

「東京まで行けない、現場を離れられない」という社長(経営者)のために、出張訪問をしてくれるファクタリング会社を紹介。

 

東京・名古屋・福岡に拠点があるので近郊の経営者にはさらにうれしいスピード対応が可能、もちろん日本全国にも対応してます。

 

問い合わせたけど「対応が悪くてがっかり」なんてことがよくありますが、そこは安心、経営支援アドバイスもおまかせです。

 



【利用者からの紹介とリピートが多い 株式会社 アクセルファクター 】

 

サービス利用経験者からの紹介が多いのは「信頼の証拠」です。

 

建設業界からの依頼が多く、リピートのお得意様も多いようです。

180日の長期売掛サイトにも対応!少額30万円からの歓迎してくれる。

 

「お客様の人柄を重視」する姿勢は利用者側の視点に立って積み上げた柔軟な対応が、この社風(特徴)を作り出したとも言えるでしょう。

 



【4、感想・まとめ】

 

私が以前いた会社で、当時このファクタリングを使っていたら回避できていただろうか。

 

事業内容は事務用品の外商サービスという「訪問ご用聞き」のビジネスでしたが、時代の流れで現在では全国的にほぼ消滅した業種です。

 

仮に使ったとしても単なる延命治療に過ぎなかったでしょう。

初めにも言いましたが「慢性的な経営悪化の状態を改善するのは難しが一時的な資金不足は追加融資をせずに乗り越えられる」が感想です。

 

最後に「まとめ」としては「ファクタリングで売掛サイトを縮めて、その次の正常な売掛入金までの広がった時間幅を切り抜けられる用意と計画があるならば、使ってみる価値はありだと思います」。

 

 



ミドル諸君!応援ブログ

40~50代とシニア世代の笑顔と希望を応援してます!