#9「他人はさほど思っていない」その1/倒産社長の実話ブログ・どん底からのやり直し奮闘記

先週、約30年ぶりに同じ年で女性の友人と再会しました。独身時代に当時の仕事を通じての知り合いで親友です。その後は別の国でお互い家族を持ち、ここまで過ごしてきました。

 

フランスに住む彼女は仕事で東京に来るというので会うことになったんです。写真はその日の夕食のベルギー料理レストランからの日本橋の風景です。僕が会社を立ち上げ社長をしていたことは知ってはいましたが、会社が倒産してサラリーマンをしながら週末に講師の勉強をしていることまでは詳しくは話していなかったのです。

前回の#8ブログの「カミングアウト」の話のように、僕は自分の失敗談を笑いながら堂々と話したんです。以前なら隠していたかもしれない話です。彼女はそんな僕を温かく応援してくれるんです。

 

すでに気が付いていたことだが、他人はさほど自分が思っているほど、恥ずかしいとか、失敗してるとか、もう会いたくない、とか思ってはいないようです。次に向かって何かをしている姿の方に興味があるようです。講師をめざす仲間たちも同じです。久しぶりに素敵な一日でした。


日本再起業支援協会 シンボルマーク

日本再起業支援協会

笑顔と希望事務局