【失業・就活転職体験記】

【40/50代女性の就活】資格なし経験なしでも大丈夫!「これで安心」
私はもうすぐで50代という時に会社が倒産して失業...「この歳で就活かよ...どこの会社がこんなおっさん雇うんだ」と本気で思い込み、どん底の絶望感を経験しました。しかし、間もなくして立ち直ります。それは調べていくうちに50代でも歓迎、応援してくれる企業や転職サイトがけっこうあったからです!同じような境遇にいる同世代の女性に情報がお役に立てたら幸いです。#57

【49歳失業からの就活】役立たない「過去の肩書き」役立つのは「〇〇〇」
49歳後半、あと少しで50代に突入という時に会社が倒産し失業...どん底を体験。行き場を探して取引先を数件回るも不況を理由に上手に断られます。この時に初めて「雑」に過ごしていた自分に気がつき「人として大切なこと」に向き合います。それから数年、苦労した50代からの就活と転職の経験や過去の役立たないもの、学んだことを同世代で同じ境遇に立つ方たちに情報発信中!#56

【49歳失業からの就活】役に立たない人脈・役立つのは「努力と人柄」
49歳後半に会社が倒産し失業...もうすぐで50代という時にどん底を体験。20年以上なれ親しんだ業界でなんとか仕事を続けることができないかと思い失業直後に、取引先を回りましたが、どこも相手にはしてくれませんでした...もう得意先の取締役ではなく「ただのおじさん」だったからです。歓迎してくれると思っていたのに現実は最悪でした...そんな経験からの就活・転職の実体験をリアルに紹介!#55

【心理学を使う】面接で好印象に見せる!超簡単な方法【40/50代の転職】
就活・転職を支援するサイトやコンサルタントでも面接対策は重要で、さまざまな指導をしております。しかしながら、聞いたことのある同じようなことばかりなのが現実です。そこにプラスアルファで「人の感じる心理」を活用するだけで、その印象を簡単にアップさせることができる、他ではあまり聞けない「心理学活用法」を紹介します!#48

【心理学を使う】面接官に「できるヤツ」と思わせる方法【40/50代の転職】
就活・転職における面接対策は「いかに良い印象を与えられるか」につきます。そこで「人の感じる心理」を知っておくだけで、その印象は2割も3割もアップさせることだできるのです!面接官に、ファーストコンタクト・第一印象をよく見せる「心理学活用法」を紹介!#47

【心理学を使う】第一印象で面接官のハートをつかめ!【40/50代の転職】
人は物事を第一印象で判断するのは事実です。人の場合「初対面から3分までで相手に与える印象はほぼ決まってしまう」と心理学では言われています。就活でも私生活でも初対面で「悪い印象」を与えてしまえばほぼアウト!こうならないための「ファーストコンタクト・第一印象」をよく見せる「心理学活用法」を紹介します!#46

【40/50代の転職】面接官は資格・学歴より「人柄」を見る!
40代50代でのやもえない失業は誰にでも起こる可能性はあります。もしそうなった時の就活の支えは「資格・学歴」と考えるのが普通でしょう。しかし、この歳からの就活・転職において、誰もが見落している重要なのは「人柄」なのです。「人柄の良さ」は持って生まれたものではなく「習得」できるものです。#45

【40/50代の転職】資格より「コミュニケーション能力」が優先です!
やもえない失業や転職。「資格」の肩書に頼ろうとする40/50代男性が多くおります。しかし、この歳から取れる資格で就活・転職が有利になることがあるのだろうか !?日本の多くの企業の中途採用選考時の項目に「資格の有無」はあまり聞きませんが、重要視する項目に「コミュニケーション能力の有無」があるには事実であります。#44

【40/50代の転職】資格を取るより「見た目」から良くしなさい!
40代50代でのやもえない失業や我慢の限界から退職、転職を考えた時に、多くの人が「資格」に目が行き、その肩書に頼ろうとします。しかしこれは大きな「勘違い」で、この歳から取れる「資格」で就活が有利に進むことはほぼ無いです。それよりもほとんどの40代50代がほったらかしな「見た目」から良くするべきなのです!#43

【ざんねんな資格】40/50代からの取得では「ほぼ」役立たない
このタイトル「ざんねんな資格」とは「その資格は使えません」とか「取っても無駄です」ということではなく、40代50代での失業や早期退職からの取得して、転職や独立に「ほんとうに役立つのか?その資格者を歓迎する企業があるのか?」などを検証、本音でお話しします。#42

さらに表示する