【ファクタリング情報サイト】


利用者が教える特徴別おすすめ業者紹介

 

当サイトは、ファクタリングの利用経験を持つ経営者である管理人が独自調査や、相談者から寄せられた体験談や情報から「利用者側の目線」で情報をお届けするサイトです。

 

 

サイト管理人しゅんくん

【サイト管理人:しゅん】

  

☑ 元会社経営、資金繰りに苦しんだ時期があり、ファクタリングの利用経験あり

 

☑ 小規模会社の社長を中心に、資金繰りに関する相談会を都内で開催 ※コロナ過以降はお休み中

 

 

当サイトの管理人である私は会社経営をしていた頃、銀行から融資を断られ、資金繰りに苦しんでいた時期があり、その苦労はいやというほど知っています。

 

そんな苦労から身についた、特に利用経験もある「ファクタリング」について記事で解説。

 

WEB上に山のように出てくる業者から、忙しい社長さんたちに代わって、あなたに合った「特徴別おすすめファクタリング会社」を発信しています!

 

※サイト内記事の内容は「2社間取引」を基本としています。

 

 

【ファクタリング業者・特徴別に紹介します!】

 

【新着ブログ記事こちら↓↓】

 

 

【よく読まれているブログ記事こちら↓↓】

 



【当サイト「イチ押し!」の業者紹介】

 

【トップマネジメント・接遇バツグン↓】

★★★★

☑ 手数料上限12.5%を設定

☑ オンライン完結可/来所出張可

☑ 長い支払いサイト対応(180日OK)

☑ 接遇、提案力バツグン

☑ 個人事業主○ フリーランス○

 

 

【PAYTODAY・オンライン完結型↓】

★★★★

☑ 手数料上限9.5%を設定

☑ 完全オンライン完結

☑ 手数料以外の請求一切なし

☑ 少額10万円から利用可

☑ 個人事業主○ フリーランス○

 

 

【株式会社ウィット・土日も営業↓】

★★★

☑ 手数料5%~13%程度 要見積り

☑ オンライン完結/来所出張可

☑ 年中無休365日で20時まで

☑ 建設業/運送業の専用窓口あり

☑ 個人事業主○

 


 

【アーリーペイメント・手数料安い↓】

★★★☆

☑ 手数料上限10%を設定

☑ 完全オンライン完結

☑ 手数料以外の請求一切なし

☑ 注文書(見積書)でも相談可

注:法人のみ/50万円以上/振込まで5日位

 

 

【LINK・サイト内で手数料の見積り可↓】

★★★☆

☑ サイト内で手数料の査定が可能

☑ 手数料上限14.9%を設定

☑ 完全オンライン完結

☑ 手数料以外の請求一切なし

☑ 個人事業主○

 

 

【ペイトナー・少額やフリーランスに↓】

★★★☆

☑ 少額1万円からOK!25万円までなら

☑ 完全オンライン完結

☑ 超簡単で書類も請求書のみ

☑ 平日AM中の申込みで即日入金可

☑ 個人事業主○ フリーランス○ 



【キーワードで関連記事を探す】


【 ファクタリングとは ! ?】

 

1、ファクタリングは債権の売買契約であり、融資貸付ではないため「固定負債」が増えない。

 

2、銀行の融資とはちがい、利用者が債務超過中や税金の滞納などのがあっても、さほど影響なく利用ができる。

 

3、金融機関の融資に比べると利用手数料は高めであるが、売掛先の信用度や利用頻度によって料率は下がる傾向にある。

 

4、銀行融資では間に合わない(枠がない/信用が低いなど)、早期に運転資金として調達が可能。

  

 

【 取引方法・2社間 / 3社間 】

 

1、「2社間取引」は利用者とファクタリング業者のみの取引で、売却する請求書発行先(売掛先)を巻き込むことなく取引を完結させ、なおかつ取引先に知られることもありません。取引の9割以上がこちらの「2社間取引」で行われています。

 

2、「3社間取引」は、売却する請求書発行先(売掛先)を巻き込み、承諾を得た上で業者が売掛先から代金を集金します。業者は未回収リスクが減るため手数料を安くすることができますが、利用者側は取引先から財務状況などを問われるのと、振込先変更などで迷惑を掛けることもあるます。
 


【ファクタリング メリット/デメリット・マメ知識】

  

◇メリットは?◇

 

一時的な資金不足に直面した時に、金融機関などから融資を受けずに乗り越えることができる。

 

 金融機関からだと融資に時間が掛かるが、WEBなどから簡単に最短で即日の資金調達が可能である。

 

 取引先からの急な発注や新規取引に対して資材や商品の仕入れ、人件費などの調達が早期にできるので受注が可能になる。

 

 ファクタリングは借り入れではないため、固定負債が増えない。

 

 

◇デメリットは?

 

 一時的な資金不足は乗り越えられるが、次の売上げ入金までの時間の幅が広がり、同じことが起きる可能性がある。

 

 2社間取引では、金融機関融資の利息と比較すると手数料は高めである。

 

 一度使うと繰り返し利用する可能性があり、なかなか抜け出せなくなる可能性もある。

 

 

◇マメ知識◇ 

 

 国もファクタリングの普及を推進! 経済産業省も担保や保証人に依存しない資金調達方法である、ファクタリングを推進しています。

 

 保証人や担保はいらない? ファクタリングは金銭貸付ではないため「金利」という概念はなく「手数料」となるので「法的に不要」です。

 

 2社間ファクタリングって違法? その様なうわさが今でもありますが、法的にも問題ありません。債権を譲渡して金銭を受け取る「売買契約」に該当します。

 

☑ 手数料に消費税はかかるの? 金銭債権を売買する際の手数料は法的非課税と定められているもでかかりません。

 

☑ 債権譲渡登記とは? 売却される売掛債権の権利が業者側に移り、二重譲渡を防ぐことができます。登記は業者によって省略できる場合もあり、完全に不要としている業者もあります。利用者側にはメリットはない。

 

 

Egao-Kibo!応援ブログ

全国の中小企業の社長さんの笑顔と希望を応援してます!

40~50代とシニア世代も応援! 

 

 

ファクタリング利用者の体験談を公開↓

 

実際の利用者が教える契約前の注意点↓

ブログランキング・にほんブログ村へ