【ファクタリング情報サイト】

中小企業/個人事業主の資金繰りを応援!


【提携ファクタリング業者・特徴別紹介】

 

当サイトの記事ライターである私は以前に会社経営をしていたことがあり、資金繰りに苦しんでいた時期がありました。 

銀行から融資を断られていたこともあり、その苦労はいやというほど知っています。

 

そんな苦労から身についた、あらゆる資金調達の知識と方法から、特に利用経験もある、この数年で需要が急拡大した「ファクタリング」について記事で解説。

 

「特徴別おすすめファクタリング会社」を厳選し紹介しております!

 

 

 

【新着ブログ記事こちら↓↓】

 

 

【よく読まれているブログ記事こちら↓↓】

 



【ファクタリング業者の紹介方法】

 

当サイトの紹介記事は「利用者側の目線」を大切にしております。

 

当サイトのオーナー兼記事ライターである私自身も、以前は資金調達に苦労していた経験があり、ファクタリングも何度か利用していました。

 

こちらに寄せられる相談や利用者からのフィードバックと、独自の取材調査により「利用者側の目線」で記事を作成しております。

  

現在(2022年5月)は、42社と提携しており、各記事タイトルのテーマに合った最良の業者を厳選し記事で紹介しています。

 

ご利用時に、お役に立てたら幸いです。

 

※各記事には業者の総合評価を表示している場合があります。

評価基準については「手数料の安さ、スピード、接遇、書類数、サービス内容」など総合的に利用者側の目線から独自に評価をしています。

 

※サイト内記事の内容は「2社間取引」を基本としています。



【利用者が選んだ「イチ押し」の業者紹介】

 

【トップマネジメント・接遇バツグン↓】

☑ 手数料上限12.5%を設定

☑ オンライン完結可/来所出張可

☑ 長い支払いサイト対応(180日OK)

☑ 注文書(見積書)でも相談可

☑ 現金手渡し可

 

 

【PAYTODAY・オンライン完結型↓】

☑ 手数料上限9.5%を設定

☑ 完全オンライン完結

☑ 手数料以外の請求一切なし

☑ 少額10万円から利用可

☑ 書類少ない/たったの4点

 

 

【株式会社ウィット・土日も営業↓】

☑ 手数料5%~13%程度 要見積り

☑ オンライン完結/来所出張可

☑ 年中無休365日で20時まで

☑ 建設業/運送業の専用窓口あり

☑ 柔軟性バツグン何でも相談できる社風

 


※上記業者は個人事業主にも対応しています。

 


【各社にそれぞれのカラー・特徴がある】

 

1、ファクタリング業者は大きく3つ分けて「金融機関系、ノンバンク系、独立系」とあります。

金融機関系とノンバンク系は主に高額の3社間取引が多く、一般的に中小企業や個人事業主の少額取引(500万円まで)では、独立系(自力で創業した)ファクタリング業者での2社間取引がほとんどで、柔軟な対応やスピードに優れています。

 

しかしながら、この3年ほどの間で創業した業者は数多く、選ぶにも慎重にならなければいけません。

 

2、ファクタリングの商品は「お金」であるため商品差はありませんが、各社が様々な工夫やサービスで他社との差別化を図ろうとしています。

手数料の安さやスピードだけではない、自社の状況に合った相性の良い業者選びをおすすめしてます。

 



【 ファクタリングとは !?特徴 】

 

1、ファクタリングは債権の売買契約であり、融資貸付ではないため「固定負債」が増えない。

 

2、銀行の融資とはちがい、利用者が債務超過中や税金の滞納などのがあっても、さほど影響なく利用ができる。

 

3、金融機関の融資に比べると利用手数料は高めであるが、売掛先の信用度や利用頻度によって料率は下がる傾向にある。

 

4、銀行融資では間に合わない(枠がない/信用が低いなど)、早期に運転資金として調達が可能。

 

 

【 取引方法・2社間/3社間 】

 

1、「2社間取引」は利用者とファクタリング業者のみの取引で、売却する請求書発行先(売掛先)を巻き込むことなく取引を完結させ、なおかつ取引先に知られることもありません。取引の9割以上がこちらの「2社間取引」で行われています。

 

2、「3社間取引」は、売却する請求書発行先(売掛先)を巻き込み、承諾を得た上で業者が売掛先から代金を集金します。業者は未回収リスクが減るため手数料を安くすることができますが、利用者側は取引先から財務状況などを問われるのと、振込先変更などで迷惑を掛けることもあるます。

 



【 キーワードで探す 】

 


【ファクタリング・メリット/デメリット】

  

メリットは?◇

一時的な資金不足に直面した時に、金融機関などから融資を受けずに乗り越えることができる。

 

 金融機関からだと融資に時間が掛かるが、WEBなどから簡単に最短で即日の資金調達が可能である。

 

 取引先からの急な発注や新規取引に対して資材や商品の仕入れ、人件費などの調達が早期にできるので受注が可能になる。

 

 ファクタリングは借り入れではないため、固定負債が増えない。

 

◇デメリットは?

 一時的な資金不足は乗り越えられるが、次の売上げ入金までの時間の幅が広がり、同じことが起きる可能性がある。

 

 2社間取引では、金融機関融資の利息と比較すると手数料は高めである。

 

 一度使うと繰り返し利用する可能性が高く、経営困難に直する可能性がある。

 

 

【ファクタリング・マメ知識】

 

 国もファクタリングの普及を推進! 経済産業省も担保や保証人に依存しない資金調達方法である、ファクタリングを推進しています。

 

 保証人や担保はいらない? ファクタリングは金銭貸付ではないため「金利」という概念はなく「手数料」となるので「法的に不要」です。

 

 2社間ファクタリングって違法? その様なうわさが今でもありますが、法的にも問題ありません。債権を譲渡して金銭を受け取る「売買契約」に該当します。

 

☑ 手数料に消費税はかかるの? 金銭債権を売買する際の手数料は、法的も非課税と定められています。

 

☑ 債権譲渡登記とは? 売却される売掛債権の権利が業者側に移り、二重譲渡を防ぐことができます。登記は業者によって省略できる場合もあり、完全に不要としている業者もあります。利用者側にはメリットはない。

 



【資格なし・50代で再就職/転職を成功させる方法】

 

もうあと少しで50代という49歳の時に会社都合による失業...

 

アルバイトや派遣、運転手など生活をつなぎながらの就職活動。

正社員採用後も転職活動を続け、2度のステップアップ転職に成功!

40/50代でもできる就活・転職の体験、成功方法を紹介しています。

 

失業、就活、転職に現実に向かい合う同世代を応援、背中を押して上げます!

 

 

【よく読まれているブログ記事こちら↓↓】